ワインと葡萄

ワイン用ブドウラボ、たまにピアノ

シャンパーニュとイタリアン
滅多に行かなくなってしまったイタリアンですが、季節が季節なのでひょっとして白いモノが贅沢に食べられるかも? と期待に胸を膨らませての訪問です。昔々本町橋の袂にあった頃は週に2度あるいは3度と通っておりましたが、天満橋に移転してしばらく後にタスマニアの鮑を供されて以来足が遠のくようになってしまいました。

さて普通はメンバーが揃ってから乾杯と同時にアミューズ・グールが出てくるはずですが、座った順にアミューズが供されシャンパーニュが注がれます。個々別々に勝手に飲めということなのでしょう。で、最初に出てきたのがこの一皿です。


「自家製サラミパテのブルスケッタ、発酵な感じのソース」(原文そのまま)。日本語の表現に「発酵な」という形容詞など存在しません。レストランなのですから「自家製」とわざわざ表記する必要性がないと思うのですが、バゲットの上に乗っかっているモノは生温かい、沖縄名物の缶詰のような食感のモノ。付け合わせは一口ではとても食べきれない大きさの生の蕪と、ちゃちゃっと切られただけのセルバチコ。「発酵な感じのソース」は単にヨーグルトを薄く延ばしたようなモノでありお世辞にも「手の込んだアミューズ」とは申せません。

正直こんなモノを供するようでは関西を代表するイタリアンと云えるはずありません。


で、シャンパーニュ・メゾン代表者の挨拶のあと出てきたのがこちら。帆立貝柱の美味しい季節なのでそれかと思えば、残念ながらモッツァレッラ。料理の名前は「ほんのり温めたモッツァレラ・ディ・ブファラとカブとミルクのズッペッタ」。蕪の葉は好物なのですがオリーヴオイルの質がイマイチなのか、あるいは生ぬるい温度のせいなのか全く美味しいとは思いません。パンチェッタで巻かれたフロマージュはやたら量が多くこの時点で料理の進歩は全くないと判断。


昔からの定番とのことですが「温かいポテトのティンバロとキャビア」。黒い色のキャヴィアなど有り難がって食べる人は居ないだろうと思いましたが、他の人々は美味しそうに召し上がっておられます。お客さんのレベルもその程度としか思えません。


「とろっとした詰め物をした手羽のとろとろ、白トリュフ添え」という料理名ですが、京都のイタリアンのシェフみたいな名付け方は如何なものかと申し上げたい。鶏の手羽といえばこの皮が嫌いだという人を結構見掛けるはずであります。添えられる半熟玉子は良かったものの、お粗末な素材に白トリュフだけが無駄に香っていました。トリュフの削られる量は恐らく 2グラム程度だったはず。キロ 625,000円とのことですが、2グラムですと1,300円でしかありません。

▼続きを読む
| 食べ歩き |
| 10:52 AM | comments (0) | trackback (x) |


PAGE TOP ↑
Copyright © 2006 ワインと葡萄::2013年10月26日
All Rights Reserved./Skin:oct