ワインと葡萄

ワイン用ブドウラボ、たまにピアノ

第168回英ちゃん冨久鮓で味わう究極の会
英ちゃんの会は今回で14年目に突入しました。日本一の左官業浪花組の当時副社長だった清谷氏のご尽力を賜りワインとお料理の会としてスタートさせて頂きました。

さて毎回登場する旬の特選素材、今日は虎魚と伊勢海老がメインです。先ずは名残の鱧からスタートです。


鱧は梅雨の後が旨いとされますが、現状はそうではなくて今からが本当の旬を迎えます。この鱧の旨いことこの上なし。梅肉と酢味噌が添えられますが何も付けずにそのまま食べても美味しいのです。骨切りも完璧です。


口取りは中央に栗の渋皮煮、右上から時計回りに秋茄子の旨煮、細巻海老の旨煮、さえずりの生生薑醤油そして丹波黒豆の枝豆。


本日の特選素材その一は虎魚。何と大きい切り身がドーンと盛り付けられ身皮、肝そして胃袋の湯引きが添えられ山葵醤油で頂きます。


次にその虎魚のアラを煮てポン酢で頂きます。ゼラチン質が凄いのです。


そして焼き物はなんと燭魚、鰰とも書きますが左側が卵巣入りの雌、隣が白子を持った雄なのです。比べて食べると美味しいのは雄。白子も旨いのですけど身の脂ののりようが全く異なりました。

▼続きを読む
| 英ちゃん冨久鮓で味わう究極の会 |
| 11:14 AM | comments (0) | trackback (x) |


PAGE TOP ↑
Copyright © 2006 ワインと葡萄::2013年10月20日
All Rights Reserved./Skin:oct