ワインと葡萄

ワイン用ブドウラボ、たまにピアノ

Château Lestage Simon 2005 AC Haut-Médoc
シャトーの名前にも取り入れられている「シモン」は人物の名前であり、このシャトーを有名にしたのは元所有者の故シャルル・シモン(Charles Simon)氏であります。拙ブログではこちらでその1995年ヴィンテージを取り上げています。当時のお話しも書いてますのでよろしければご一読の程お願い致します。

現在このシャトーはネゴシアンが所有していますが昔1990年ヴィンテージが「メドックのペトリュス」と評判を得たため、未だに名前をそのまま使っているのでしょうね。

1980年代1990年代の半ばまでは多くの3つ星レストランのワインリストにその名がありました。シャルル・シモンと親しかったのはタイユヴァンの故ジャン・クロード・ヴリナ氏でありました。

一時評判を落としたものの現在はミッシェル・ロラン氏をコンサルタントとして招き入れ最近の評価は高くなった模様です。

アペラシヨンはオー・メドックですが、オー・メドックとメドックの領域について殆どの方が勘違いされています。オーメドックはこのシャトーの存在するコミューン、サン・スーラン・ド・カドゥルヌを北限としボルドー市内の手前までの範囲とし、サン・スーラン・ド・カドゥルヌ以北のジロンド河口付近までの地域をメドックであると信じて疑わない人が多いのです。

これは大きな間違いであります。

メドックとは河口からボルドー市内までのジロンド左岸寄りの殆どのコミューンをその範囲とし、河口周辺だけではなくボルドー市内に程近い Salaunes というコミューンも含みます。 従って河口に近い部分だけがメドックでそれ以南のポーイヤックやサン・ジュリアンそしてマルゴーなどを含む有名どころはすべてオー・メドックというのは認識違いであります。

アペラシヨン・メドックを名乗れるコミューンはこちら、アペラシヨン・オー・メドックを名乗れるコミューンはこちらの地図をご覧下さい。

コミューン・サローヌの位置をご確認下さい。このサローヌはボルドー市内に近い所謂南部にありますがアペラシヨンはメドックなのです。ボルドー市内に近いにも拘わらずアペラシヨン・オー・メドックは名乗れない訳です。

▼続きを読む
| ワイン日記::フランスワイン |
| 10:50 AM | comments (0) | trackback (x) |


PAGE TOP ↑
Copyright © 2006 ワインと葡萄::2013年10月14日
All Rights Reserved./Skin:oct