ワインと葡萄

ワイン用ブドウラボ、たまにピアノ

Lohrer Berg Riesling Qualiteaswein Trocken 2011 Weingut Tesch
テッシュ、ティッシュと違いますのでお間違いの無いようお願い致します。そのテッシュの辛口白ワインをもう1種類ご紹介致します。以前は「アンプラグド」というワインも輸入されていたのですがいつの間にか消えてしまいました。

拙ブログでは何度も取り上げましたがローラー・ベルグという畑の名前を付けたリースリングの辛口でヴィンテージは2011年。

ディープ・ブルー同様スクリュー・キャップなので開けやすい。グラスに注ぐと微発泡かと思われる炭酸が感じられます。炭酸ガス含有のワインは酸化しにくいので大いに結構なことだと思います。こちらはリースリング、白葡萄なので赤みなど帯びるはずがありませんがまことに綺麗な緑色を呈しています。

香りは以前よりも硬質になっており、尖ったリースリングの芳香が私には心地良く感じられます。

味わいは極めて辛口で、妙に甘いワインが目立つアルザス・リースリングに疑問を持つ人ならきっとお好きになれるはず。一般受けするかどうかは分かりませんが辛口嗜好の人には十分ご理解頂けると思います。

ところで輸入元の資料によると

原産国 ドイツ
地方 ナーエ
品質分類・
原産地呼称 Q.b.A.
品種 リースリング 100%
年間生産量 10000本
栽培面積 2ha
収量 50hl/ha
樹齢 45年
土壌 ローム層
醸造・熟成 醗酵:ステンレス・タンク醗酵   熟成:ステンレス・タンク熟成 3ヶ月

となっていますが栽培面積2ヘクタールで収量50ヘクトリットル・パー・ヘクタールなら生産量は100ヘクトリットル、750ミリリットルのボトル換算すると13333本になるはずですが疑問を抱かず資料作成するのでしょうね。

なんでも生産者から与えられた資料はそのままコピーして当然という考えの人が多すぎるように思います。

| ワイン日記::ドイツワイン |
| 10:24 AM | comments (0) | trackback (x) |


PAGE TOP ↑
Copyright © 2006 ワインと葡萄::2013年10月07日
All Rights Reserved./Skin:oct