ワインと葡萄

ワイン用ブドウラボ、たまにピアノ

Chablis Premier Cru Fourchaume 2009 Domaine Gérard Duplessis
似たようなというか殆ど同じ画像ばかりで申し訳ございません。ドメーヌ・ジェラール・デュプレシスのシャブリ第1級畑の3番目はフルショームという名の区画です。

先の2つとは異なりシャブリ中心部からスラン川沿いの少し下流域右岸、グラン・クリュとは2キロ程離れたシャブリでは最も北に位置する第1級畑の一つであります。もう一度こちらを開いて畑の位置をご確認下さい。地続きの畑で最も北側になる第1級畑L'Homme Mort ロム・モールです。コミューンで申し上げるとヴァイヨン、モンマンはシャブリのコミューン内にあり、フルショームはラ・シャペル・ヴォペルテーニュに属している事が地図で読み取れます。

シャブリのコミューンは統廃合が進み昔の表記と現在では異なるので要注意です。

さてこのフルショーム、他の2つと比べると明らかに香りが独特であります。例えは分かりにくいかも知れませんが、燧石を擦った時のような臭いがあるのです。他の2つではあまり感じられませんでしたがフルショームには顕著に存在します。ですが味わい的には意外とあっさりしていて拍子抜けであります。

今の時期どういう訳か鶏肝に多くの白肝が入っています。新鮮な物は生で食べられますが取り敢えず心臓と分けて血管や血液の塊を掃除して軽く塩胡椒して炙ります。焼き鳥に興味がないのは家庭で食べる事が可能だからです。焼き加減も自分の好みでどうにでもなりますし、焼き足らなければまた焼けばよい訳ですから。

で、その焼き肝にこのシャブリ・フルショームはあまり相性が良くありません。

刺身用鱸の短冊に塩胡椒して粉を塗しカルピスバターとオリーヴオイルでソテー、ムニエルにします。するとこのシャブリ・フルショームはとても良い伴侶となりました。

結論を申し上げるとこれら3種のプルミエ・クリュ、いずれも非常に個性的で3者3用の愉しみ方がありそうです。中でも個性的な香りがこのフルショーム、人により好き嫌いが分かれそうな感じですがフリント好きなら相性は良いはずです。

味わい的に濃厚さを求める人にはモンマンでしょうか、近江牛のローストビーフとの相性は見事でした。このワインはクレソンにも敏感に反応するのです。

蛸と胡瓜の角切り梅肉風味のオリーヴオイル和えや目板鰈のカルパッチョなどによく合ったのがヴァイヨン、炙り中トロの山葵醤油にも良く合いましたので日本料理向きかも知れません。

最後に申し上げますがこれら3種のシャブリは、刺激臭のあるシャブリや口に含むとピリピリするような酸っぱいシャブリとは全く無縁です。1本筋の通ったまともなシャブリを飲みたい人にはお勧めのプルミエ・クリュであります。


| ワイン日記::フランスワイン |
| 04:28 PM | comments (0) | trackback (x) |


PAGE TOP ↑
Copyright © 2006 ワインと葡萄::2013年07月31日
All Rights Reserved./Skin:oct