ワインと葡萄

ワイン用ブドウラボ、たまにピアノ

Seinoir
Seinoir N (*)

カタカナ表記すると恐らく「セノワール」になると思われますが違っていれば後程訂正します。(*)が末尾に付いているので種間交雑による人工的に造り出された葡萄であります。複雑な交雑を繰り返したと思われますが、ネットで探してみるとありました。この葡萄の系図はこちらです。

VIVC のパスポートデータはこちら、画像もありますが葡萄房だけのそれはありません。栽培実績データを見ると1958年、1968年はかなりの範囲に植えられていたものの、フランス政府系のサイトを見ると 2011年現在は 85ha と衰退の一途を辿っています。恐らくフィロキセラの後大々的に栽培されたもののアペラシヨンを有するワインに使えないので他の葡萄に植え替えられたはずです。

元祖のサイトはこちら、何だか見ただけで濃い濃いワインが出来そうな葡萄房。実際この葡萄はテンチュリエ、即ち果皮を剥いても中身まで色の付いた果肉の葡萄であります。

シノニムは唯一 8745 Seibel だけ。一連のセイベルですが正式名称に「Seibel」と名の付くものだけで何と 1,857 種類存在しますが、その内どれだけフランスの葡萄畑に残っているかはかなり疑問であります。ちなみにセイベル 1 はこちら、番号的に一番大きいものはセイベル 19975 でこちら。番号を伴わないものは唯一 SEIBEL A 。このセイベル・アーはワイン用葡萄で詳細はこちらのパスポートデータをご覧下さい。

さてこの黒葡萄セノワールはワイン用ですけど毎度お馴染みのフランス IGP 御用達にとどまっています。


| ワイン雑感 |
| 06:14 PM | comments (0) | trackback (x) |

Segalin まとめ
Segalin N

元祖のサイトでは表記が le Ségalin となっていますがフランス政府系のサイトフランス農学研究所関連サイトはアクサン・テギュの付かない表記となっています。でも実際には le Ségalin が使われているはず。

カタカナ表記するとセガランでしょうか、Forvo の発音はこちら、セギャランって聞こえるように思いますが如何でしょう。

この黒葡萄の生い立ちはハッキリしていて1957年南仏のフランス農学研究所で、母がフランス原産の JURANCON NOIR 、父がオーストリア原産のPORTUGIESER BLAU から生まれたもの。

拙ブログではジュランソン・ノワールはこちら、ポルトギーザー・ブラウはこちらで書きました。

VIVC のパスポートデータはこちら、残念ながら画像はありません。

フランス農学研究所関連サイトのデータはこちら、父の名前は Portugais bleu 、発音はこちら、ポルチュゲ・ブルーとなっていますがこれはフランスで通用するシノニムの一つ。

フランス政府系のサイトによると 2011年現在フランス全土での栽培面積は 65ha とあまり揮いません。濃い系赤ワインに向いてる黒葡萄のはずですが、結論としてあまり美味しいワインが出来なかったので栽培面積が伸びなかった可能性が高いと思います。

例によってアペラシヨンを有するワインには使えず、専ら IGP のワインにしか使われていません。一例を申し上げますと IGP Côtes du Lot 、法令の明細はこちらで葡萄の規定はコピーさせて頂くと次の通りです。

Les principaux cépages entrant dans l’élaboration des vins tranquilles de l’indication géographique protégée « Côtes du Lot » sont :

- Pour la production de vins rouges et rosés : abouriou N, alicante Henri Bouschet N, cabernet franc N, cabernet-sauvignon N, cinsaut N, cot N, gamay N, jurançon noir N, merlot N, muscat de Hambourg N, segalin N, syrah N et tannat N.

- Pour la production de vins blancs : chardonnay B, chenin B, colombard B, len de l’el B, liliorila B, mauzac B, sauvignon B, semillon B, ugni blanc B et viognier B.

Les vins mousseux de qualité bénéficiant de l’indication géographique protégée « Côtes du Lot » sont issus de vins de base produits exclusivement à partir des cépages suivants :

- Pour les vins rosés : cabernet franc N, cabernet sauvignon N, cot N, gamay N, merlot N et syrah N;

- Pour les vins blancs: chardonnay B, chenin B, mauzac B, muscat B, sauvignon B, semillon B et viognier B.

法令の規定では上記の通りですが、実際はと申しますとこちらをご覧下さい。コピーさせて頂くと

Les vignerons ont élaboré les Côtes du Lot à partir de divers cépages :

pour les rouges et les rosés : le Malbec, le Cabernet Franc, le Cabernet Sauvignon, le Ségalin, le Gamay et le Merlot.

pour les blancs : le Chardonnay, le Sauvignon, le Viognier, le Semillon, le Chenin.

法令の内容と実際はこのように異なるのが一般的であります。

| ワイン雑感 |
| 10:57 AM | comments (0) | trackback (x) |


PAGE TOP ↑
Copyright © 2006 ワインと葡萄::2013年05月27日
All Rights Reserved./Skin:oct