ワインと葡萄

ワイン用ブドウラボ、たまにピアノ

Savagnin rose
Savagnin rose Rs

サヴァニャン・ロゼ、発音はサヴァニャン・ブランをご参照下さい。フランス原産の果皮色ロゼの葡萄、どんな色かと探すとこちらが目に付きました。画像右下の+をクリックすると拡大画像がご覧頂けます。
これとは対照的な画像を載せているのがフランス政府系のサイト。こちらをご覧下さい。画像をクリックすると拡大しますが両者を比べるとまるでベツモノに見えるはず。

さてシノニムにサヴァニャン・ロゼを持つ異種は TRAMINER ROT 、トラミネール・ロット即ちフランスではゲヴュルツトラミネールと呼ばれる葡萄で、昔からこの2つの葡萄はよく間違えられたのです。よく間違えられた証拠に2つの葡萄には共通したシノニムが複数存在します。

SAVAGNIN ROSE のシノニムは 22 あります。コピーさせて頂くと

1. CLEVNER
2. DRUMIN
3. FROMENTEAU ROUGE
4. HEILIGENSTEINER CLEVNER
5. HEILIGENSTEINER KLEVNER
6. LIVORA
7. LIVORA CERVENA
8. PRINC
9. PRINC CERVENY
10. ROTER TRAMINER
11. RYVOLA
12. SAVAGNIN ROSE NON MUSQUE
13. TRAMIN CERVENY
14. TRAMIN DISECI
15. TRAMIN KORENNY
16. TRAMIN RDECI
17. TRAMINAC CRVENI
18. TRAMINAC RDECI
19. TRAMINER ROSE
20. TRAMINER ROT
21. TRAMINER ROZ
22. TRAMINI PIROS

一方のTRAMINER ROT のシノニムは 178 もあるので共通するものを列挙すると

CLEVENER
DRUMIN
FROMENTEAU ROUGE
HEILIGENSTEINER KLEVNER
LIVORA
LIVORA CERVENA
PRINC CERVENY
ROTER TRAMINER
RYVOLA
TRAMIN CERVENY
TRAMIN KORENNY
TRAMINAC CRVENI
TRAMINER ROZ
TRAMINI PIROS

実に14 ものシノニムが同一であります。それだけいろんな地域で間違われてきたことを物語っているのです。

ですが、トラミネール・ロットは面白いことに果皮色はロゼではなくルージュとなっています。果皮色が異なるのにどうして混同されていたのでしょうか? その理由として果皮色ロゼとルージュが見分けが付かないと考えますが如何でしょう。

ちなみにトラミネール・ロットの画像ですがこちらこちらをご覧下さい。

先程のサヴァニャン・ロゼとの区別が容易な方が居られるなら是非ともご教示お願い申し上げます。


| ワイン雑感 |
| 06:27 PM | comments (0) | trackback (x) |

Savagnin blanc
Savagnin blanc B

サヴァニャン・ブラン、発音は Forvo からこちらを開いてお聞き下さい。

さてこれはフランスで栽培されている白葡萄なのですが、VIVC への登録は正式名称 SAVAGNIN BLANC でなければならないのに何を血迷ったのかフランス農水省、間違って TRAMINER WEISS をフランス政府公式登録しているのです

こちらをご覧下さい。正式名称サヴァニャン・ブランのパスポートデータですが原産国はスイス、栽培エリアはこちらの通りフランス。ところがヨーロッパ各国の国別公式葡萄目録に登録しているのはスイスだけ。フランス政府はこちらに登録していません。

で、同じく通称 Savagnin Blanc と呼ばれる葡萄、正式名称 TRAMINER WEISS のパスポートデータをご覧下さい。こちらですが、このトラミナー・ヴァイスという白葡萄、原産国は現時点で不明ですが栽培されているのはヨーロッパでは報告が無く、何とオーストラリアで 587ha とのこと(ちょっと古い1991年のデータですが)。

さらにこちらをご覧下さい。ヨーロッパ各国は「トラミナー」もしくはそれに似た名称で登録しているのに対してフランス政府は「Savagnin blanc B」おまけに公式シノニムとして「Naturé B」までご丁寧に登録してしまっているのです。

間違うのは勝手ですが迷惑するのはこうした間違いをそのまま放置することであります。

VIVC のデータですが正式名称サヴァニャン・ブランは最終更新日 2011年 7月 20日、トラミナー・ヴァイスは 2012年 11月 27日であります。フランス政府の更新年が 2010年ですからそれ以降このままの状態が続いている訳です。

ではどうしてこんな間違いが発生するのでしょうか?

VIVC は各国政府からのデータを一括管理しデータベースとして情報を公開していますが、VIVC が管理しているどの葡萄が正式名称何かということは各国の責任で決めるよう指示しているのではないでしょうか。

サヴァニャン・ブランの場合について考察すると、まず「Savagnin blanc」に相当するのは「Cultivar name」で検索すると(便宜上番号を付けます)

1. SAVAGNIN BLANC 17636 VITIS VINIFERA BLANC SWITZERLAND
2. SAVAGNIN BLANC TRAMINER WEISS 12611 VITIS VINIFERA BLANC
3. SAVAGNIN BLANC SAUVIGNON BLANC 10790 VITIS VINIFERA BLANC FRANCE

1 を選べば問題なかったのですが、フランス政府が選択したのは 2 のトラミナー・ヴァイスだったわけです。従ってこういう結果となった訳です。ちなみにフランス政府系のサイトではこんな風に登録した経緯を述べています。コピーさせて頂くと

En France, cette variété peut officiellement être nommée "Naturé B" pour ce qui concerne le matériel végétal de multiplication.
Dans l'Union Européenne, le Savagnin blanc N peut officiellement être désigné par d'autres noms : Traminec (Slovénie), Traminer (Belgique, Chypre, Malte), Tramini (Hongrie), Tramini bely (Rép. Tchèque).

でもこれも間違っていますね、le Savagnin blanc N って何なのでしょう。ブランと名の付く果皮色ノワールの葡萄など存在しないはずですけどね。ですが各国が登録している事実は把握した上での登録であったはず。こちらの内容と一致するからです。

ですが栽培面積の内容は全く一致しません。

フランス政府系サイトのグラフをご覧下さい。数値だけ追うと

1958年185ha 、1968年136ha 、1979年207ha 、1988年281ha 、1998年385ha 、2008年 454ha 、2011年 492ha

勿論これらはフランスでの栽培面積ですが、トラミナー・ヴァイスの栽培面積データはこちらです。コピーさせて頂くと

Country Area under cultivation [ ha ] Year
AUSTRALIA        587.00 1991

トラミナー・ヴァイスはフランスでの栽培面積を示していないどころか、こちらにフランスでのデータは全く存在しません。

さてここで正式名称サヴァニャン・ブランの栽培面積データを見ると共通する年代のデータは一致します。

ヨーロッパ各国の国別公式葡萄登録ではトラミナー・ヴァイスのデータを使い、栽培面積ではトラミナー・ヴァイスではなく正式名称サヴァニャン・ブランのデータを用いるとはどんな神経なのか?

実に奇妙としか云えませんが、フランス農水省の担当係官は不思議とは思わないのでしょうね。



| ワイン雑感 |
| 02:34 PM | comments (0) | trackback (x) |


PAGE TOP ↑
Copyright © 2006 ワインと葡萄::2013年05月21日
All Rights Reserved./Skin:oct