ワインと葡萄

ワイン用ブドウラボ、たまにピアノ

Saperavi
Saperavi N

サペラヴィ、読み方は Forvo からこちらを開いてお聞き下さい。但し、かなり雑音が入っていますけど。一見しただけでフランス語ではない葡萄の名前であります。それもそのはず「საფერავი」が原語のグルジア原産の黒葡萄、こちらをご覧になるとグルジアの文字をご確認頂けます。画像のワイン生産者は「玉田」ではなく TAMADA 、もろに東洋っぽいですね。

そもそも地続きでもないグルジア原産の葡萄をどうしてフランスの葡萄としてリストに載せるのか、全く理解に苦しむ今回の公式登録であります。新フランス葡萄品種のサイトからこちらをご覧下さい。コピーさせて頂くと

En France, le Saperavi N est officiellement inscrit au "Catalogue des variétés de vigne" depuis novembre 2012.

2012年11月に初めて公式登録したとあります。

さてそのサペラヴィ、その名を頭に持つ葡萄は13種存在します。VIVC から検索すると

1. SAPERAVI 10708 GEORGIA
2. SAPERAVI ATENIS 10709 GEORGIA
3. SAPERAVI BEZHASHVILIS 10710 GEORGIA
4. SAPERAVI BUDESHURISEBURI 10711 GEORGIA
5. SAPERAVI GRDZELMTEVANA 22137 GEORGIA
6. SAPERAVI GRUZINSKII 10712 SUN (FORMERLY USSR, UNION OF SOVIET SOCIALIST REPUBLICS)
7. SAPERAVI GURIIS 21734 GEORGIA
8. SAPERAVI KARTLIS 10713 GEORGIA
9. SAPERAVI MEDZHVRISKHEVI-S 10714 SUN (FORMERLY USSR, UNION OF SOVIET SOCIALIST REPUBLICS)
10. SAPERAVI PACHKHA 10715 GEORGIA
11. SAPERAVI SEVERNYI 10716 INTERSPECIFIC CROSSING RUSSIAN FEDERATION
12. SAPERAVI VIAO 10717 SUN (FORMERLY USSR, UNION OF SOVIET SOCIALIST REPUBLICS)
13. SAPERAVISEBURI 22138 GEORGIA

上記すべて黒葡萄で、11 のみ種間交雑によるもの、他はヨーロッパ種のヴィニフェラです。原産国は殆どが GEORGIA って書いてグルジアなのです。普通は何も伴わない SAPERAVI 10708 を示すはずですが、最終更新が 2010年 9月なので、フランス政府が公式登録する以前のデータであります。従ってこちらにフランス国の記載はありません。

何故この葡萄をフランスが必要とするのでしょうか? 

拙ブログのこちらで取り上げたように他の品種との交配に必要だった可能性があったと考える他理由はないと思います。

サペラヴィはテンチュリエ(葡萄の表皮だけでなく中の果肉にまで色が付いているタイプ)なので濃厚なワインが出来るはず。ですが実際にフランスで育てられているとしたらこちらに名前が出ているフランス農学研究所しか無いはずです。


| ワイン雑感 |
| 05:52 PM | comments (0) | trackback (x) |


PAGE TOP ↑
Copyright © 2006 ワインと葡萄::2013年05月18日
All Rights Reserved./Skin:oct