ワインと葡萄

ワイン用ブドウラボ、たまにピアノ

Saint Côme 2
訂正です。先日フランス農学研究所関連サイトで「Saint Côme」は存在しないと書いたのですが「Saint-Côme」真ん中にハイフン付きなら存在しました。ハイフンの有無で結果が左右されるというお役所的検索機能を持つサイトであります。

ちなみに検索結果はこちら、重要なポイントをコピーさせて頂くと

Espèce : Vitis vinifera subsp vinifera

即ち「種」はVIVC では特定されていないのにこちらではヴィニフェラとしています。また原産地は

Région : Midi-Pyrénées
Département : Aveyron

としています。

元祖フランス葡萄品種のサイトでは「le Saint Côme」の起源として

Des analyses A.D.N. traitées par un logiciel spécifique (U.M.R.-A.G.A.P. Montpellier) semble indiquer qu'il est issu d'un croisement entre le gouais et le moural.

としています。モンペリエのこちらの研究所で遺伝子の解析の結果、ル・グエ(正式名称ホイニッシュ・ヴァイス)と「le moural」ル・ムーラルの交配種のようであるとしているのです。ところがこの「le moural」に該当する葡萄はフランス農学研究所関連サイトにも存在しませんし、VIVC のデータにもありません

また元祖ではシノニムとして

fel à tort, prunelard blanc, roussellou

即ち(誤って)fel 、プリュヌラール・ブラン、ルスルーを挙げています。3つの内最初の fel は「à tort」と続いているので「間違って fel と呼ばれることがある」という意味なのですが、中にはこんなサイトも存在します。こちらをご覧下さい。これでは「fel à tort」というシノニムが存在するように思われるはず。フランス語のサイトがこれでは困ると思うのですけど。

で、その間違えられやすい「fel」は元祖のサイトからこちらをご覧下さい。この「フェル」という葡萄にシノニムは存在しないとなってます。また原産地として似たようなフランス南西地方の地域が示してあります。le fel という葡萄の名前に近いものはフランス農学研究所関連サイトに「Fel blanc」としてその存在を登録してありますが・・・ fel 、fel blanc ともVIVC のサイトでは該当無しと出ます。また abcduvin.com のサイトでも「moural」「fel」という葡萄は該当無しと出てきます。さらに新フランス葡萄品種のサイトにも「moural」「fel」の記載はありません。

次に元祖ではプリュヌラール・ブランをシノニムとしているのですが「Prunelard Blanc」を含む葡萄は VIVC によると PRUNELARD BLANC DE NAUVIALE 22502 と PRUNELARD BLANC (シノニムで正式名称はBOUYSSELET 1627 )の2例しかありません。ですがこの2つはいずれもフランス原産の白葡萄ですがワイン用とも食用とも判明していません。

で仕方なしに「roussellou」を VIVC で検索すると何と1種類のみヒットしました。やはりこちら、即ち SAINT PIERRE DORE 、フランス語表記 Saint Pierre doré であります。

ワインは歴史ある農産物で、葡萄の呼び名即ちシノニムは長年のいろんな経緯で変化する訳ですが決して根本から覆り昔の名前が消えることなど考えられません。従って「roussellou」と呼ばれる葡萄はサン・ピエール・ドレであるという結論に間違いないはずであります。

現時点では AOC Estaing エスタン、同じく AOC Entraygues - Le Fel アントレーグ・ル・フェルに使っても良いとされる白葡萄「Saint Côme」は間違い。正しくは同じく白葡萄の「Saint-Pierre doré」であります。

| ワイン雑感 |
| 05:47 PM | comments (0) | trackback (x) |


PAGE TOP ↑
Copyright © 2006 ワインと葡萄::2013年05月14日
All Rights Reserved./Skin:oct