ワインと葡萄

ワイン用ブドウラボ、たまにピアノ

Nielluccio 正式名称 Sangiovese その2
チリエジオーロについては VIVC からこちらのパスポートデータをご覧下さい。葡萄房の画像はこちらにあります。
そのオリジンについては

Prime name of pedigree parent 1 SANGIOVESE
Prime name of pedigree parent 2 MUSCAT ROUGE DE MADERE

昨日述べた通りチリエジオーロという葡萄はサンジョヴェーゼを母、ミュスカ・ルージュ・ド・マデールを父として生まれた品種であります。

ではその父ミュスカ・ルージュ・ド・マデールはと云うとフランス原産の果皮色が赤い品種で、パスポートデータはこちら

Prime name of pedigree parent 1 MUSCAT A PETITS GRAINS BLANCS
Prime name of pedigree parent 2 SCIACCARELLO

即ちチリエジオーロの父であるミュスカ・ルージュ・ド・マデールはミュスカ・ア・プティ・グラン・ブランを母、コルシカ特有の品種の一つシャッカレッロSciaccarello ('Shak-a-rello')という黒品種を父として生まれた品種であります。

これらのデータは最新のものですが遺伝子の解析は未だ始まったばかりという段階であり、強い根拠を持つ新説が現れても不思議ではありません。常に最新の情報を得るよう心掛ける必要があります。

それにはどうしても日本語サイトだけでは不十分であります。

葡萄品種については活字に頼る人が多いのですが、文献は残念ながら今のところアテにはなりません。というのは編集から出版に至るまでの間に色々新しい解析結果が生まれる訳です。

即ちDNA の解析は日々進歩していると云うこと。

昨日までの常識が大きく覆ることもしばしば起こっています。

VIVC のサイトのパスポートデータですが、しょっちゅう更新されていますので原産国やシノニムが変わることもあります。例えばシャルドネ・ブランの「父親」であるホイニッシュ・ヴァイスは当初オーストリア原産となっていましたが現在はブランク、つまり原産国不明となりました。こちらをご覧下さい。Country of origin of the variety は空欄になっています。また Last update 27.11.2012 となっており、去年の11月27日に最新情報に変わっていることが分かります。

| ワイン雑感 |
| 06:44 AM | comments (0) | trackback (x) |


PAGE TOP ↑
Copyright © 2006 ワインと葡萄::2013年03月21日
All Rights Reserved./Skin:oct