ワインと葡萄

ワイン用ブドウラボ、たまにピアノ

Muscat Ottonel
Muscat Ottonel B

フランス人の読み方は Forvo からこちらをお聞き下さい。普通に「ミュスカ・夫寝る」に聞こえますでしょうか^^

最近までは前述のミュスカ・ア・プティ・グラン・ブランと共にアルザス・ミュスカに使われてきたみたいですが、ようやく独立してアルザス・ミュスカ・オットネルのワインとしてラベルにその品種名が載ることになった模様です。

先ずは画像を。

新フランス葡萄品種のサイトからこちらをご覧下さい。葡萄房のリアリティはル・フィガロのこちらでしょうか。元祖フランス葡萄品種のサイトはこちらですが、こちらでは次の説明をしています。

il provient du croisement entre le chasselas et le muscat à petits grains ou muscat d'Eisenstadt.

シャスラとミュスカ・ア・プティ・グランもしくはミュスカ・ダイゼンシュタット? ここで云うミュスカ・ア・プティ・グランとはミュスカ・ア・プティ・グラン・ノワールのことを意味します。というのは muscat d'Eisenstadt はシノニムでありこのシノニムに該当するのは MUSCAT A PETITS GRAINS NOIRSINGRAM'S MUSCATの2つの品種だからです。きっとこのサイトの情報源が古いのでしょうね。

この葡萄は VIVC のサイトによると 1852年ロワールのアンジェに住むロベール・モロー氏によって CHASSELAS × MUSCAT D'EISENSTADT の交配により生まれた品種。当時のシノニムシャスラとミュスカ・ダイゼンシュタットとの交配種とされたのですがその後の遺伝子解析の結果

Prime name of pedigree parent 1  CHASSELAS BLANC
Prime name of pedigree parent 2  INGRAM'S MUSCAT

正式名称シャスラ・ブランを母、父はミュスカ・ア・プティ・グラン・ノワールではなくイングラムズ・マスカット。イングラムズ・マスカットは英国原産の黒品種で発見者の名前からその名が付いたはず。

でももっと情報が古いサイトもあります。こちらをご覧下さい。こちらでは

Obtenteur : Moreau-Robert
Nom de la mère : Chasselas (?)
Nom du père : Muscat de Saumur (?)

発見者こそ同じですすが父親とするミュスカ・ド・ソミュールとはこちら、全くの別品種であり、開発当時はそう云われたまでのお話であります。公の機関発表のデータも古いままの場合が実に多く、アップデートされないままの情報が氾濫しています。

遺伝子解析は現在進行形でありますから、常に新しい情報を必要とします。

おっとVIVC にも画像がありました、こちらをご覧下さい。かなり小型に纏まっていますね。

さてこの品種はフランスではアルザス以外にアペラシヨンのワインでは見掛けないはず。De vignes en vins... によるとAOC Alsace Grand Cru そしてAOC Alsace だけとなっています。

もちろん現状に当て嵌まらない葡萄品種規定を持つ IGP 例えばアルプ・マリティム、ヴォクリューズ、カルヴァドスなどにその名があります。

| ワイン雑感 |
| 06:36 PM | comments (0) | trackback (x) |


PAGE TOP ↑
Copyright © 2006 ワインと葡萄::2013年03月16日
All Rights Reserved./Skin:oct