ワインと葡萄

ワイン用ブドウラボ、たまにピアノ

Mouyssaguès
Mouyssaguès N

読み辛い名前ですがカタカナ表記すると「ムイサゲス」、Forvo の発音はこちらで「イ」にアクセントがあります。中国名は「無為捜索」かどうかは知りませんが、探してもなかなか見付からないのがこの品種。これホンマのお話。

それもそのはず、こちらをご覧下さい。栽培面積を表すグラフの通り 2011年現在僅か 0.1ha 、フランス全土で 10 アールしか栽培されていないのですから捜索困難であります。

拙ブログではこちらこちらでご紹介しました。ですが栽培面積がほんの僅かな訳ですから AOCアントレーグ・ル・フェル、AOC エスタンの補助品種としての存在も危ぶまれるはずです。

画像は先程ご紹介した新フランス葡萄品種のサイトの他元祖フランス葡萄品種のサイトル・フィガロのサイトをご覧下さい。

ムイサゲスが正式名称でシノニムは 6 例

FARINEUX
NEGRET
PEY DE GORP
PEYREGORD
PLANT DU PAUVRE
ROUGE MENU

アペラシヨンを有するワインに使うことが可能な葡萄としては最も栽培面積の小さな葡萄であると申し上げて差し支えないはずです。

| ワイン雑感 |
| 05:02 PM | comments (0) | trackback (x) |

MONASTRELL
Mourvèdre N

Forvo の発音はこちら、第1音節にアクセントがあるため「ムールヴェドル」と聞こえますが最近の傾向として「ムルヴェドル」と表記することが多いみたいです。決してムルヴェードルでは無いのでご注意下さい。

ですがこの呼び名はフランスに於ける代表的なシノニムというだけ、原産地はスペインで正式名称は MONASTRELL モナストレル、Forvo の発音はこちら。最後の「E」にアクセントがあるのでモナストレッルと聞こえるように思いますが如何でしょう。

葡萄房の画像はこちら、またこちらの通り葡萄の粒が多いように見えます。ル・フィガロはこちら、元祖はこちらで新フランス葡萄品種のサイトはこちらをご覧下さい。

VIVC のパスポートデータはこちらです。尚、VIVC のサイトはメンテナンス中の場合がありますのでリンクできないときは翌日再度トライして下さい。

フランスでは広く栽培され 2011年現在 9,188ha という栽培面積の黒品種であります。ですが原産地のスペインでは桁違いに多く栽培され、ちょっと古いデータですが VIVC のデータによると 2001年現在 66,001ha という数値を誇っています。

ムルヴェドル正式名称モナストレルは大変数多くのシノニムを持っていますが代表的なのは地域別にフランス農学研究所関連サイトに詳しく載っています。コピーさせて頂くと

Synonymes :
Monastrell, Morastell, Garrut, Alcayata (Espagne).
Différentes variantes de ce nom existaient en Provence : Mourvedon, Mourvès, Mourvégué, Mourvégé. Negré trinchiera, Buona vise, Estrangle-chient, Tire-droit (Drôme), Espar (Hérault), Plant de Saint Gilles (Gard), Catalan (Bouches-du-Rhône), Espagnen (Ardèche), Balzac (Charentes), Mataro (Pyrénées-Orientales, Australie, Chypre).

面白いのはブシュ・デュ・ローヌ県の呼称「語らん」、ピレネー・ゾリアンタル県、オーストラリア、キプロスの呼称「股郎」でしょうか^^。

この品種を使うワインはアペラシヨンを有するものだけでもかなりの数になります。
詳しくはこちらのサイトをご覧下さい。但しアペラシヨンはその後の法律改正で異なっている場合があります。


| ワイン雑感 |
| 02:45 PM | comments (0) | trackback (x) |


PAGE TOP ↑
Copyright © 2006 ワインと葡萄::2013年03月04日
All Rights Reserved./Skin:oct