ワインと葡萄

ワイン用ブドウラボ、たまにピアノ

Mourvaison
Mourvaison N

ムルヴェゾンでしょうか、Forvo の発音はこちら、「ムフヴェゾン」って聞こえるようにも思いますが如何でしょうか。フランス農学研究所関連サイトによるとフランスは Provence-Alpes-Côte d'Azur プロヴァンス・アルプ・コート・ダジュール地域圏の原産とされる黒品種です。

abcduvin.com によるとシノニムは 9、VIVC によるとシノニムは10 報告されていて

MARVAISON
MOUENC
MOURVEDOUM
MOURVEDOUN
MOURVESON
MOURVESOUM
MOURVEZON
NEGRAU
NEGRETTE
RAISIN DES MAURES

最後のシノニムはもろに IGP の名前そのまま「モールの葡萄」となってます。ちょっと前まではヴァン・ド・ペイでしたけど今は IGP Maures (モール)、ちなみにその法令はこちら。星の数ほどという訳ではありませんがやたらと多い葡萄品種の中にこの品種名は確かに存在します。

画像を見てみましょう。元祖フランス葡萄品種のサイトはこちら、新フランス葡萄品種のサイトはこちらをご覧下さい。

後者によると 1958年から 1968年にかけては 118ha 、117ha とそこそこ栽培されていたにも拘わらずそれ以降は激減、2011年現在僅か 3ha となっています。

アペラシヨンを有するワインに使われないとなるとその栽培面積は極端に落ちてしまいます。ですがこのムルヴェゾンを葡萄品種規定に載せている IGP は沢山存在します。まことに奇妙な葡萄品種規定、実情に即していないのは明らかであります。

余談ですけど例のお高い葡萄品種事典にこの品種は載っていません。

| ワイン雑感 |
| 06:09 PM | comments (0) | trackback (x) |

GRACIANO
Morrastel N

Forvo の発音はこちら、「漏らすてる」ではなくフランスではモラステルと呼ばれる黒品種で本来原産地はスペイン、その正式名称はGRACIANO グラシアーノという葡萄であります。名前は同じくスペイン原産の MONASTREL とよく似ており紛らわしい。当然の如くこの2品種はお互い間違えられていた形跡が散見されます。

先ずは画像をご覧下さい。元祖のサイトはこちらを、新のサイトはこちら、ル・フィガロのワインサイトはこちらをご覧下さい。葡萄の房は VIVC のサイトからこちらに拡大画像があります。

画像はありませんがフランス農学研究所関連サイトはこちら、マニアは必見であります。

さてこのモラステル、新のサイトによるとフランスでの栽培面積は 2011年現在 18ha 、VIVC のデータはこちら、フランスではかなりマイナーな存在ですが原産地であるスペインやお隣ポルトガルではかなりの栽培面積が確認出来ます。

フランスに限ってのお話ですがワイン法でこの品種が使えるのはこちらをご覧下さい。コピーさせて頂くと

Le cépage « Morrastel » est utilisé en assemblage dans :
Corse : Vin de Corse .

モラステルがメインの一つとなってワインを構成するのはアペラシヨン・ヴァン・ド・コルス。(あとをお読み頂ければ分かりますがこれは間違い)

Le cépage « Morrastel » est un cépage accessoire pour :
Languedoc : Languedoc, Languedoc Cabrières, Languedoc Grès de Montpellier, Languedoc Pic Saint Loup .

Corse : Ajaccio .

モラステルが補助品種として登録されているのはラングドックでは上記の4つ、同じくコルシカ島ではアジャクシオとなっていますが現在のラングドックは法律が変わっています。

先ずはコルスから検証してみましょう。

AOC Vin de Corse の法令はこちらを開き、左のメニューから「Vin Corse」をクリックすると開きます。葡萄品種規定から該当する箇所をコピーさせて頂くと

AOC « Vin de Corse » ou « Corse » suivie ou non des dénominations géographiques « Calvi », « Figari », « Porto-Vecchio », « Sartène »

Vins rouges et rosés
- cépages principaux : grenache N, nielluccio N, sciaccarello N ;
- cépages accessoires : aléatico N, barbaroux Rs (barbarossa), carcajolo N, carignan N, cinsaut N, morrastel N (minustello), mourvèdre N, syrah N, vermentino B (malvoisie de Corse).

Vins rouges et rosés
- La proportion de l’ensemble des cépages principaux est supérieure ou égale à 50 % de l’encépagement ;
- La proportion de l’ensemble des cépages nielluccio N et sciaccarello N est supérieure ou égale à un tiers de l’encépagement ;
- La proportion du cépage carignan N est inférieure ou égale à 20 % de l’encépagement ;
- La proportion du cépage vermentino B (malvoisie de Corse) est inférieure ou égale à 20 % de l’encépagement ;
- La proportion de l’ensemble des cépages aléatico N, carcajolo N et morrastel N (minustello) est inférieure ou égale à 10 % de l’encépagement.

即ちアペラシヨン・ヴァン・ド・コルスもしくはコルスに於いてカルヴィ(ポテトチップスとちゃいます)、フィガリ、ポルト・ヴェッキオ(ポンテベッキオとちゃいます)、サルテーヌを伴う赤とロゼにのみ、補助品種としてモラステル(コルシカ島のこの地区ではミニュステッロと呼ばれる)が使えますが、そのブレンド比率は10%以下とのこと。

次にアペラシヨン・アジャクシオの法令からこの葡萄関連の葡萄品種規定を抜粋すると

b) - Les vins rouges et rosés sont issus des cépages suivants :
- cépages principaux : barbaroux Rs (barbarossa), nielluccio N, sciaccarello N, vermentino B (malvoisie de Corse) ;
- cépages accessoires : aleatico N, carcajolo N, carignan N, cinsaut N, grenache N, morrastel N (minustello).

2°- Règles de proportion à l’exploitation

b) - Vins rouges et rosés :
- La proportion de l’ensemble des cépages principaux est supérieure ou égale à 60 % de l’encépagement ;
- La proportion du cépage sciaccarello N est supérieure ou égale à 40 % de l’encépagement ;
- La proportion de cépage carignan N est inférieure ou égale à 15 % de l’encépagement ;
- La proportion de l’ensemble des cépages aleatico N, carcajolo N et morrastel N (minustello) est inférieure ou égale à 10 % de l’encépagement.

やはりヴァン・ド・コルス同様補助品種です。割合なども同じです。

最後にアペラシヨン・ラングドックの検証です。やはりモラステルを含むデノミナシヨンを纏めると次の通りです。

AOC « Languedoc » (Vins rouges)
- cépages principaux : grenache N, lledoner pelut N, mourvèdre N, syrah N ;
- cépages accessoires : carignan N, cinsaut N, counoise N, grenache gris G, morrastel N, piquepoul noir N, rivairenc N, terret noir N.

Dénomination géographique complémentaire
« Cabrières » (Vins rouges)
- cépages principaux : grenache N, syrah N ;
- cépages accessoires : carignan N, cinsaut N, morrastel N, mourvèdre N.

Dénomination géographique complémentaire
« Cabrières » (Vins rosés)
- cépages principaux : cinsaut N, grenache N ;
- cépages accessoires : bourboulenc B, carignan N, clairette B, grenache blanc B, marsanne B, morrastel N, mourvèdre N, roussanne B, syrah N, terret blanc B, vermentino B, viognier B.

Dénomination géographique complémentaire
« Grés de Montpellier »
- cépages principaux : grenache N, mourvèdre N, syrah N ;
- cépages accessoires : carignan N, cinsaut N, morrastel N.

Dénomination géographique complémentaire
« La Méjanelle »
- cépages principaux : grenache N, mourvèdre N, syrah N ;
- cépages accessoires : carignan N, cinsaut N, morrastel N.

Dénomination géographique complémentaire
« Pic-Saint-Loup » (Vins rouges)
- cépages principaux : grenache N, mourvèdre N, syrah N ;
- cépages accessoires : carignan N, cinsaut N, counoise N, morrastel N.

Dénomination géographique complémentaire
« Saint-Christol »
- cépages principaux : grenache N, mourvèdre N, syrah N ;
- cépages accessoires : carignan N, cinsaut N, counoise N, morrastel N, piquepoul noir N.

Dénomination géographique complémentaire
« Terrasses du Larzac »
- cépages principaux : grenache N, mourvèdre N, syrah N ;
- cépages accessoires : carignan N, cinsaut N, counoise N, lledoner pelut N, morrastel N, terret noir N.

おやおや昔よりも一見増えているではありませんか! これはアペラシヨン・ラングドックを構成するデノミナシヨンが細分化されたのがその理由であります。いずれの場合も補助品種で割合については指定のないデノミナシヨンもあるのですが概ね10% 以下と考えて良いはずです。

昨日は久し振りの茨木シチリア料理。たらふく食べてかなり飲み過ぎ帰りは午前様になってしまいました。仔牛の肉塊を焼いたの、仔羊の骨付きロースト、自家製ソーセージなどにシチリアの白・赤ワイン。大変満足な一晩でありました。

| ワイン日記 |
| 12:54 PM | comments (0) | trackback (x) |


PAGE TOP ↑
Copyright © 2006 ワインと葡萄::2013年03月03日
All Rights Reserved./Skin:oct