ワインと葡萄

ワイン用ブドウラボ、たまにピアノ

Mauzac rose Rs
Mauzac rose Rs

末尾のローマ字は葡萄の果皮の色を示すのですが Rs はロゼの略号です。モーザック・ロゼ、先ずはその画像をご覧頂きましょう。

ル・フィガロのワインサイトからこちらがモーザック・ブランでこちらがモーザック・ロゼ。比べて頂くと房の色が全く違います。

元祖フランス葡萄品種のサイトではモーザック・ブランの下にロゼの画像を載せていますがル・フィガロの画像と比べるとちょっと色が違うように見えるはず。

新フランス葡萄品種のサイトからこちらを見ると妙な色ですね。こちらではモーザック・ブランの突然変異によるロゼ化であるとしていますが、フランス農学研究所関連サイトではこちらのようにモーザック・ブランと何某かの交配種ということを示しています。

VIVC はこちらで突然変異によるものとはしていません。

またこんな生産者が居てモーザックの七変化ではありませんが7種類に及ぶモーザックを育てているとのこと。このお話は dico du vin にもありましたが

Robert Plageoles, viticulteur à Gaillac, a créé une collection de vieux cépages et possède des variantes du mauzac : rose, verte, roux, jaune, dorées…どれどれ^^

モーザックと名の付く葡萄品種は VIVC によるとモーザック・ブランモーザック・ノワールモーザック・ロゼの3種類で Mauzc rouge というのはモーザック・ノワールのシノニムであるとしています。

さて、De vignes en vins によるとモーザック・ブランと違いこのモーザック・ロゼを使うアペラシヨンは2つだけとなっています。2つとは AOC Gaillac と AOC Gaillac Premières Côtes とのことです。確かめてみましょう。最新のガイヤック、ガイヤック・プルミエール・コートの葡萄品種規定です。

Gaillac

a) - Les vins blancs tranquilles et les vins mousseux blancs sont issus des cépages suivants :
- cépages principaux : len de l’el B, mauzac B, mauzac rose Rs, muscadelle B ;
- cépages accessoires : ondenc B, sauvignon B.

d) - Les vins mousseux susceptibles de bénéficier de la mention « méthode ancestrale » sont issus des cépages mauzac B et mauzac rose Rs.

e) – Les vins susceptibles de bénéficier de la mention « vendanges tardives » sont issus des cépages suivants :
- cépages principaux : len de l’el B, ondenc B ;
- cépages accessoires : mauzac B, mauzac rose Rs, muscadelle B.

Gaillac premières côtes

Les vins sont issus des cépages suivants :
- cépages principaux : len de l’El B, mauzac B, mauzac rose Rs, muscadelle B ;
- cépages accessoires : ondenc B, sauvignon B.

2°- Règles de proportion à l’exploitation
a) - La conformité de l’encépagement est appréciée sur la totalité des parcelles de l’exploitation produisant le vin de l’appellation d’origine contrôlée.
b) - La proportion de l’ensemble des cépages principaux est supérieure ou égale à 50 % de l’encépagement.

もう一つ忘れてはならないのが AOC Armagac

1° Encépagement :
Les vins destinés à l'élaboration des eaux-de-vie sont issus des cépages suivants : baco blanc B, blanc dame B, colombard B, folle blanche B, graisse B, jurançon B, mauzac B, mauzac rosé Rs, meslier saint-françois B, ugni blanc B.

ですけど新フランス葡萄品種のサイトを見ると 2011年現在フランス全土で 23ha しか栽培されていません

| ワイン雑感 |
| 06:04 PM | comments (0) | trackback (x) |

MAUZAC BLANC
Mauzac B

モーザックと普通に読んで通じる白品種、Forvo の発音はこちらです。ですが同名のピンク色葡萄もあるので正式名称は MAUZAC BLANC モーザック・ブラン。

先ずは画像を見ることに。元祖フランス葡萄品種のサイトはこちら、新フランス葡萄品種のサイトはこちらをご覧下さい。

この品種について詳しい解説があるのはフランス農学研究所関連サイトのこちらをご覧下さい。またこの品種の名前の由来、あるいはこの品種を使うアペラシヨン各種などに詳しいのは dico du vin のこちらと De vignes en vins... のこちらのページ。いずれもフランス語ですので翻訳ソフトを使えばご理解頂けるはずです。

私の記憶が正しければ昔 AOC ブランケット・ド・リムー(当時はアペラシヨンを取得していました)が、このモーザック種を使った代表的な泡と教えられたように思います。リムーの他原産地とされるタルヌ県のガイヤックもこの品種を使ったワインがあるとのことです。

法律はコロコロと変わるもので昔のブランケット・ド・リムーは既にアペラシヨンからは外されています。現在の法律では次のように分類されているので注意が必要です。

Limoux と名の付くアペラシヨンは次の2つに大別されます。

AOC Limoux
AOC Crémant de Limoux

ということは昔のアペラシヨン・ブランケット・ド・リムーは現在存在しないと云うことに相成ります。

で、AOC Limoux は下記の4つの生産物に分けられます。

1. Limoux blanc
2. Limoux blanquette de Limoux
3. Limoux méthode ancestrale
4. Limoux rouge

1. Limoux blanc は白のスティルワインで現在使える品種は chardonnay B, chenin B, mauzac B 本来はモーザックだけだったのですが 1993年以降シャルドネ・ブランとシュナン・ブランが加わりました。ワインは樽醗酵、樽熟成が義務付けられています。

2. Limoux blanquette de Limoux はアペラシヨン・リムーの泡の一つで瓶内第2次醗酵によるもの。葡萄品種は

- cepage principal : mauzac B ;
- cepages accessoires : chardonnay B, chenin B

La proportion du cepage mauzac B est superieure ou egale a 90 % de l’encepagement

モーザック・ブランが 90%以上という規定であります。

アペラシヨン・クレマン・ド・リムーとの大きな違いは使う葡萄品種であります。クレマン・ド・リムーの主要品種はシャルドネ・ブラン

3. Limoux méthode ancestrale これが昔のアペラシヨンを保持していた頃のブランケット・ド・リムーのはず。所謂秘伝の古式製法による発泡性を持たせたもので葡萄品種はモーザック・ブランに限られます

4. Limoux rouge はリムーの赤ワインで葡萄品種規定は

- cépage principal : merlot N ;
- cépages complémentaires : cot N, grenache N, syrah N ;
- cépages accessoires : cabernet franc N, cabernetsauvignon N

- la proportion du cépage merlot N est supérieure ou égale à 50 % de l’encépagement ;
- La proportion des cépages grenache N, cot N, syrah N, ensemble ou séparément, est supérieure ou égale à 30 % de l’encépagement

カルカッソンヌの南という場所ながら主要品種はメルロー・ノワール 50%以上、必須品種としてコット、グルナッシュ、シラーが併せて 30%以上。補助品種即ち別に必要ないのはカベルネ・フランとカベソー。

白ワインと発泡性のワインに使う葡萄はすべて手摘みが義務付けられています。

| ワイン雑感 |
| 01:38 PM | comments (0) | trackback (x) |


PAGE TOP ↑
Copyright © 2006 ワインと葡萄::2013年02月11日
All Rights Reserved./Skin:oct