ワインと葡萄

ワイン用ブドウラボ、たまにピアノ

Macabeu B
Macabeu B

読み方は「マカブー」、蕪やめかぶ(和布蕪)の親戚ではございません。スペイン語ではマカベオ Macabeo もしくは maccabéo、名前は聖書に記されているマカベア家に由来すると云われエブロ川流域を原産地とする説があります。ところが実際はスペイン原産に違いありませんけど正式名称 VIURA ヴィウラという白品種であります。

で、さらに遺伝子の解析により最近判明したことですがこの品種は HEBEN を母、BRUSTIANO FAUX を父として生まれた交配種であります。

と申し上げたところで親である2種類の葡萄の名前など全く知られていないはず。

まず母である HEBEN は VIVC のサイトからこちらで、スペイン原産のワイン用白品種であります。一方父とする BRUSTIANO FAUX ですが VIVC のサイトはこちらで、原産地や果皮の色も不明ですけど、フランス農学研究所のサイトによるとこちらの通りフランスはコルシカ島原産の白品種であろうと思われます。

拠とするデータベースは複数必要であります。

さて本題のマカブーに戻り画像をご覧頂きたいと思います。

元祖フランス葡萄品種のサイトからこちら、新フランス葡萄品種のサイトからこちらにマカブーの画像がありますがどちらもそのオリジンについてはカタルーニャ州の原産であろうということだけに留まっています。
フランス農学研究所関連サイトではこちらのようにこちらもスペイン・カタルーニャの原産であろうとしています。

最新の遺伝子の解析によるデータとしては VIVC のサイトが信頼できるはずですが、今後の成り行きを見守りたいと考えます。

さてマカブー、正式名称 VIURA ヴィウラの詳細については VIVC からこちらをご覧下さい。
シノニムは31例、中でも MA から始まるのは MACABAN 、MACABEO 、MACABEU 、MACCABEO 、MACCABEO BIJELI 、MACCABEOU 、MACCABEU 、MAKKOBEO 、MALVOISIE とかなりの数になります。最後のマルヴォワジーというのは何だか分からない葡萄品種という意味で使われる可能性が高いはずです。

つまり特定できない品種があると取り敢えずはマルヴォワジーと呼んでおこうと云うことになったのではないでしょうか。ヨーロッパ諸国ではこの名前をシノニムに持つ葡萄品種が沢山存在します。


▼続きを読む
| ワイン雑感 |
| 05:17 PM | comments (0) | trackback (x) |


PAGE TOP ↑
Copyright © 2006 ワインと葡萄::2013年02月02日
All Rights Reserved./Skin:oct