ワインと葡萄

ワイン用ブドウラボ、たまにピアノ

Folignan
Folignan B

これは発音しやすいと思われる「フォリニャン」という白品種。元祖フランス葡萄品種のサイト新フランス葡萄品種のサイト、そしてフランス農学研究所関連サイト、さらには abcduvin.com のサイトVIVC のサイトまで全て同じ見解、即ち母方にユニ・ブラン、父方にフォル・ブランシュという交配で生まれた白品種であるように思われるはずです

ところが VIVC だけは異論を唱えているのです。

もう一度こちらをご覧下さい。Prime name of pedigree parent 1 の右隣の UGNI BLANC をクリックするとその詳細をご覧頂けますが、こちらで示される UGNI BLANC は原産国不明、果皮の色も不明というか空白のままの葡萄品種であり、普通一般に呼ばれる UGNI BLANC 、正式名称 TREBBIANO TOSCANO トレッビアーノ・トスカノとは異なる品種であります。

検証してみましょう。VIVC のトップページからデータベースの検索をクリックしてその下に現れるペディグリーをクリック、

Note: use % as wildcard at the beginning of a keyword for searching for the word with multiple
beginnings.

の下の空白に「Folle Blanche」と入力して Search をクリックするとフォル・ブランシュを「親」とする交配もしくは交雑種が 19 現れます。

上から12番目が FOLIGNAN 、面白いことに母方がフォル・ブランシュで父方がユニ・ブランという交配種が次の FOLLET となっています。このフォレットという品種は1978年南アフリカで交配に成功した白品種で、やはりここで云う UGNI BLANC も同じ原産国果皮の色不明の葡萄であります。

他のサイトが示すユニ・ブラン正式名称トレッビアーノ・トスカノを同じように検証すると 23 種 出てきますが、フォル・ブランシュとの交配種は存在しません

従って普通一般にユニ・ブランと呼ばれる正式名称トレッビアーノ・トスカノとフォル・ブランシュの交配種ではないということになります。

▼続きを読む
| ワイン雑感 |
| 02:05 PM | comments (0) | trackback (x) |


PAGE TOP ↑
Copyright © 2006 ワインと葡萄::2012年12月26日
All Rights Reserved./Skin:oct