ワインと葡萄

ワイン用ブドウラボ、たまにピアノ

9月の直心@阪急夙川
九月の直心会は珍しい魚が2種類も登場、いつもとは違ってABマークの付いた有機農法シャルドネ泡で乾杯します。


先付けの富山蝦は超特大サイズ、ミソと卵は別添えです。細かく砕いた岩塩を振り掛け、檸檬を搾って頂きます。甘さ格別、ねっとりしっとり。


焼き茄子に由良海胆、旨出し掛け。


銀杏の串焼き。


蓋して登場のお椀替わりの蓋を取ったところで撮影。松茸だけを入れて土瓶蒸しに、鱧は直前に目の前で骨切りしたあとサッと湯通しして別添え。こうしないと鱧がパサパサになってしまうのです。


欠片みたいな松茸ではなく存在感のある松茸。見た目の量より質を重んずるお料理です。


出ました! 本日の特選素材その1は「痣羽太・アザハタ」へぎ造りにしてポン酢醤油で頂きます。皮の湯引きも実に美味。


造りの2品目は琵琶鱒と淡路産のツバス。このツバス、めちゃ活かってます。こちらは山葵醤油で。

▼続きを読む
| 食べ歩き::直心の会 |
| 01:09 PM | comments (0) | trackback (x) |


PAGE TOP ↑
Copyright © 2006 ワインと葡萄::2012年09月21日
All Rights Reserved./Skin:oct