ワインと葡萄

ワイン用ブドウラボ、たまにピアノ

鮨 生粋@摂津本山
久し振りの生粋さん、つまみとにぎりのコースをお願いしました。


まずは淡路のマコガレイ、アマテカレイとも云いますがよく活かってます。つるんつるんの舌触り、身の甘さが心地良い。時期的にはもうおしまいのはずですが極めて美味しゅうございます。


燻しかつお。辛味大根おろし醤油が添えられます。


蒸し鮑に肝ソースがけ。着実に味の進化が窺えます。


締め鯖の炙り。好みもありますがもう少し生っぽい方が有り難い。


蓴菜と生海苔の酢の物。相変わらず香りが良く美味しい。


熱々の穴子雉子焼き。


綺麗に盛られた藻屑蟹。モズクガニと思いこんでいる輩が居られますがモクズガニが正しい名称。大陸のお高い蟹とそう変わらない蟹の種類。


鱧松、はもまつの小吸い物。できれば吸い口に折ぎ柚子の一片が欲しい。


針茗荷の手巻き。煎り胡麻の薫り高い〆の逸品です。

続いてにぎりの登場です。

▼続きを読む
| 食べ歩き::お気に入りの店 |
| 09:48 AM | comments (0) | trackback (x) |


PAGE TOP ↑
Copyright © 2006 ワインと葡萄::2012年09月13日
All Rights Reserved./Skin:oct