ワインと葡萄

ワイン用ブドウラボ、たまにピアノ

AOC Touraine Noble Joué
アペラシヨン・トゥーレーヌ・ノーブル・ジュエ、これは最近(と云っても2001年ですが)制定されたロゼワインに限られるアペラシヨンでトゥーレーヌの中心部トゥール市南部の5つのコミューンだけに認められています。

歴史についてはいろいろな記述が存在しますが、一番詳しく書いてあるのはこちらのように思いますが如何でしょうか。

19世紀には一世を風靡したとされるノーブル・ジュエの畑はフィロキセラの蔓延とトゥール市の都市化の影響で1975年までには完全に消滅してしまった訳です。その復興に努めたのがこちらの人々であったはず。

ですが、今年2012年の春に遅霜に遭ったらしく被害は深刻みたいです。

さてこのノーブル・ジュエの名前の由来についてはこちらをご覧下さい。

It is a combination of 3 pinot grapes called "Noble":

その名の由来は「ノーブル」と呼ばれたピノ系3品種のアサンブラージュだったとありますが、実際に「Noble」もしくは「Noble Joué 」をシノニムとする葡萄品種はピノ・ノワールだけであります。こちらをご覧下さい。278もあるピノ・ノワールのシノニムに両者は存在します。

ところがピノ・ムニエピノ・グリに似たような名前のシノニムは存在しないのです。ピノ・ムニエ、ピノ・グリはいずれもピノ・ノワールの突然変異種として生まれた訳ですから、元々はピノ・ノワールなので問題ないということでしょう。

さて、実際にこのアペラシヨンでワインが出来たのは2008年のはず。我が国でまだこのアペラシヨンのエチケットは見掛けないと思いますがぼちぼち輸入されても良い頃ですね。

最後になりましたが2012年9月の時点でトゥーレーヌという語句を含むアペラシヨンでワイン関連といえば

AOC Touraine
AOC Touraine Noble Joué

の2つしか存在しません。フロマージュにはAOC Sainte-Maure de Touraine が存在します。ワインのエチケットに示されるトゥーレーヌ・シュノンソーなどはデノミナシヨンのカテゴリーであります。



| ワイン日記::フランスワイン |
| 03:54 PM | comments (0) | trackback (x) |


PAGE TOP ↑
Copyright © 2006 ワインと葡萄::2012年09月03日
All Rights Reserved./Skin:oct