ワインと葡萄

ワイン用ブドウラボ、たまにピアノ

AOC Touraine 続き
アペラシヨン・トゥーレーヌについて書いてきましたが、途中で途切れていました。アペラシヨン・トゥーレーヌにはいくつかのデノミナシヨンを伴いますが、エチケット上では他に例えば「Touraine Gamay」と表記されるものなどいろいろ存在します。

約1ヶ月前の記事ですがこちらをご覧下さい。

本題に入る前に INAO のサイトから「Touraine」の語句を含むデノミナシヨンを検索すると

AOC - AOP --Sainte-Maure de Touraine
AOC - AOP --Touraine
AOC - AOP --Touraine Amboise
AOC - AOP --Touraine Azay-le-Rideau
AOC - AOP --Touraine Chenonceaux
AOC - AOP --Touraine Mesland
AOC - AOP --Touraine Noble Joué
AOC - AOP --Touraine Oisly

と表示されます。一番上はフロマージュですから以下のトゥーレーヌ、トゥーレーヌ・アンボワーズ、トゥーレーヌ・アゼ・ル・リド、トゥーレーヌ・シュノンソー、トゥーレーヌ・メラン、トゥーレーヌ・ノーブル・ジュエそして最後にトゥーレーヌ・オワリの7つがワイン関係のデノミナシヨンとして該当します。

ではその詳細を見て生産物(Produit)を列挙しますと

--Touraine
Touraine blanc
Touraine mousseux blanc
Touraine mousseux rosé
Touraine primeur rosé
Touraine primeur rouge
Touraine rosé
Touraine rouge

おやおや、トゥーレーヌ・ガメイは現れません。然るに店頭に並んでいるワインの中には「Touraine Gamay」ってラベルにデカデカと書いてあるボトルを見掛けます。

原点に戻りアペラシヨン・トゥーレーヌの詳細はこちらを開いて左のメニューの一番下をクリックするとご覧頂けますが

AOC « Touraine » Vins tranquilles blancs, rouges et rosés et vins mousseux blancs et rosés.

即ちアペラシヨン・トゥーレーヌとだけ表示のあるワインは

1. スティル・ワインの白、
2. 同じくスティル・ワインのロゼ、
3. スティル・ワインの赤、
4. 白の泡、
5. ロゼ泡

と5種類
があり

AOC « Touraine »complétée par la mention « primeur » ou « nouveau »
Vins tranquilles rouges et rosés

アペラシヨン・トゥーレーヌにプリムールもしくはヌーヴォという記載を伴うワインはスティル・ワインの赤もしくはロゼに限られる。ということはトゥーレーヌ・プリムールに白のスティル・ワインは存在しないと云うこと

Indication « gamay » Vins tranquilles rouges

トゥーレーヌ・ガメイの表示のワインはは赤のスティル・ワインだけに限られる。



ですからラベルに AOC Touraine とだけ表示されているワイン、開けようと思ったら泡だったということも普通に考えられる訳です。つまり現行法では「Touraine Mousseux」とは表記できないと云うこと。

次に使うことの出来る葡萄品種について

AOC « Touraine »
Vins blancs
- cépage principal : sauvignon B ;
- cépage accessoire : sauvignon gris G.

アペラシヨン・トゥーレーヌとだけ記載のあるスティルワインの白主要品種ソーヴィニョン・ブラン、補助品種としてソーヴィニョン・グリだけであり、一切シュナン・ブランは使うことが出来ません

また

La proportion du cépage sauvignon gris est inférieure ou égale à 20 % de l’encépagement

補助品種であるソーヴィニョン・グリは20%以下でなければなりません。

Vins rouges
a) – Disposition générale :- cépages principaux : cabernet franc N et cot N ;
- cépages accessoires : cabernet-sauvignon N, gamay N, pinot noir N.

b) – Disposition particulière :
Pour les exploitations dont toutes les vignes sont situées à l'ouest du méridien de Tours, le cépage cabernet franc N peut être le seul cépage principal.

次に厄介なのは赤ワイン。他に何も伴わないアペラシヨン・トゥーレーヌの赤ワインの場合通常規定としてはカベルネ・フランとコットが主要品種、補助品種としてカベソー、ガメイ・ノワール、ピノ・ノワールとなっていますが、特例として子午線上で云うトゥール市以西では主要品種はカベルネ・フラン1種類に限られると云うこと。

Vins rouges
a) – Disposition générale :
- La proportion des cépages principaux est supérieure ou égale à 80 % de l’encépagement ;
- La proportion du cépage cot N est supérieure à 50 % de l’encépagement.
b) – Disposition particulière :
Pour les exploitations dont toutes les vignes sont situées à l'ouest du méridien de Tours, la proportion du cépage cabernet franc N est supérieure ou égale à 80% de l’encépagement.

赤ワインの主要品種と補助品種の割合についてはカベルネ・フランとコットの合計が 80% 以上であること。またコットは全体の 50% 以上必要であるということ。

特例でカベルネ・フランは少なくとも 80% 以上必要とのこと。この場合の補助品種とはカベソー、ガメイ・ノワールそしてピノ・ノワールを指しますがその3種併せても 20% 以下。

Vins susceptibles de bénéficier de l’indication « gamay »
- cépage principal : gamay N ;
- cépages accessoires: cabernet franc N, cabernetsauvignon N, cot N et pinot noir N.

アペラシヨン・トゥーレーヌにガメイと表示されているのは先程述べた通りスティルワインの赤だけに限られますがそのガメイと表示されていてもガメイ・ノワールは主要品種であり補助品種としてカベルネ・フラン、カベソー、コットそしてピノ・ノワールも使っても良い事になっています。

但し割合規定で

Vins susceptibles de bénéficier de l’indication « gamay »
La proportion du cépage principal est supérieure ou égale à 85 % de l’encépagement.

ガメイ・ノワールは85%以上を占めなければなりません。

ところがガメイ表示のないワインであっても主要品種がガメイ・ノワールのものがあります。それが先程述べたプリムールもしくはヌーヴォの表示があるワインですが、これらは赤のスティルワインに限られます。さらに細かく規定があり

Vins rouges susceptibles de bénéficier de la mention «primeur» ou « nouveau »

gamay N

プリムールもしくはヌーヴォの表示を伴うスティルワインの赤に使われる葡萄品種はガメイ・ノワールに限られます。これこそガメイ・ノワール100%なのです。

Vins rosés tranquilles et mousseux, vins rosés susceptibles de bénéficier de la mention «primeur» ou « nouveau »

cabernet franc N, cabernet-sauvignon N, cot N, gamay N, grolleau N, grolleau gris G, meunier N, pineau d’Aunis N, pinot gris G, pinot noir N.

スティルワインのロゼとロゼ泡そしてプリムールもしくはヌーヴォの表示を伴うスティルワインのロゼに使われる葡萄品種はカベルネ・フラン、カベソー、コット、ガメイ・ノワール、グロロー・ノワール、グロロー・グリ、ピノ・ムニエ、ピノー・ドニス、ピノ・グリ、ピノ・ノワール

Vins rosés tranquilles et vins rosés susceptibles de bénéficier de la mention «primeur» ou « nouveau »

2 cépages sont obligatoirement présents dans l’encépagement, sans que la proportion de l’un ne puisse être supérieure à 70 % de l’encépagement.

葡萄品種の割合についての規定ですが、ロゼ泡についての規定が省かれスティルワイン・ロゼとプリムールもしくはヌーヴォの表記を伴うロゼについては、少なくとも2品種以上使う事が規定されており、そのどれもが70%を超えてはならないとなっています。

ということは単一品種の使用によるロゼはダメという事なのですが、こちらをご覧下さい。

Jusqu’en 2016, un rosé 100 % pineau d’Aunis est autorisé.

2016年にはピノー・ドニス100%のロゼが認可される模様です。もちろんこの規定が現行法に盛り込まれている訳ではありません。

何も伴わないアペラシヨン・トゥーレーヌについての最後の条項ですが色の白い泡についての葡萄品種規定は

Vins blancs mousseux

chardonnay B, chenin B, cabernet franc N, grolleau N, grolleau gris G, orbois B, pineau d’Aunis N, pinot noir N.

何も伴わないアペラシヨン・トゥーレーヌ表示の白泡に使う事の出来る葡萄品種は

1. シャルドネ・ブラン、
2. シュナン・ブラン、
3. カベルネ・フラン、
4. グロロー・ノワール、
5. グロロー・グリ、
6. アルボワ・ブラン、
7. ピノー・ドニス、
8. ピノ・ノワール。

法律の葡萄品種割合規定の欄には何の規定もありません。ですが先程のサイトには

• Des fines bulles blanches
méthode traditionnelle, issues des cépages suivants : chardonnay, chenin, cabernet franc, grolleau, grolleau gris, orbois, pineau d’Aunis, pinot noir. Le cépage chenin ou le cépage orbois représente au moins 60 % de la cuvée. Le chardonnay peut représenter jusqu’à 40 %.

即ちシュナン・ブランもしくはオルボワ(正式名称はARBOIS BLANC)のどちらかは60%、シャルドネ・ブランは40%までとの規定です。

オッと、現行法のブレンド規定がありました。

Vins blancs mousseux

Le cépage chenin B ou le cépage orbois B représente au moins 60 % de la cuvée.
Par cuvée, on entend l’ensemble des volumes de vins destinés directement à la mise en bouteille pour la prise de mousse. La cuvée est constituée d’un vin de base ou d’un assemblage de vins de base.

成る程、シュナン・ブランとオルボワについての規定は解りましたが、シャルドネ・ブランの規定は見当たらないのです。

とにかくアペラシヨン・トゥーレーヌの規定はややこしく複雑であります。どうせ近い将来また法規が変わるはずですので、暗記する必要はないと考えます。

| ワイン日記 |
| 03:48 PM | comments (0) | trackback (x) |


PAGE TOP ↑
Copyright © 2006 ワインと葡萄::2012年09月02日
All Rights Reserved./Skin:oct