ワインと葡萄

ワイン用ブドウラボ、たまにピアノ

Pinot Bianco Dellago 2011 DOC Alto Adige Cantina ST. Magdalena
イタリアはトレンティーノ・アルト・アディジェ地区の DOC アルト・アディジェに属する白ワイン、葡萄品種はピノ・ブラン、ワイン名はデッラーゴ、生産者はカンティーナ・サンタ・マッダレーナとありますが統括しているのはカンティーナ・ボルツァーノ

場所はこちら、ミッシアノ/アッピアノでカンティーナ・ボルツァーノの本社からは西南西11.3km程の地点です。ドイツ語とイタリア語の圏内ですのでラベルの表記も2通りになっています。

デッラーゴというのはこのワインが造られる葡萄畑の持ち主であるフリッツ・デッラーゴ、デッラーゴ家がその所以であります。組織が協同組合なのでちょっと複雑なのですがカンティーナ・ボルツァーノ協同組合に加盟しているこちらのシャトー・ホテル、シュロス・コルブが所有している葡萄畑のオーナーの名前を冠してあるという訳です。

畑は標高 450m の南東向き斜面で画像はこちらをご覧下さい。ワインの詳細はこちらをご覧下さい。

全量の5%だけ樽醗酵とのことですが95%はステンレスタンクで醗酵、輸入元の説明によると主醗酵の後、一部だけマロラクティック醗酵させるとのこと。

▼続きを読む
| ワイン日記::イタリアワイン |
| 06:41 AM | comments (0) | trackback (x) |


PAGE TOP ↑
Copyright © 2006 ワインと葡萄::2012年08月20日
All Rights Reserved./Skin:oct