ワインと葡萄

ワイン用ブドウラボ、たまにピアノ

Reto 2011D.O.Manchuela Bodegas y viñedos Ponce, S.L.
レトという名前の白ワイン、ロト何某とかの宝籤の親戚ではありません。生産者はスペインの大量ワイン製造地区マンチュエラのポンセ。場所はこちらで生産地マンチュエラについては拙ブログのこちらで紹介しています。

輸入元モトックスによるとこの白ワインに使う葡萄品種はアルビーリャ・デ・マンチュエラ 100% とのことです。

本当でしょうか?

VIVCのサイトからデータベースの検索でマンチュエラ Manchuela を入力してその語句を含む葡萄品種名を調べましたが該当ゼロであります。

念のためヨーロッパのワイン法に詳しいサイト左のメニューからカスティーリャ・ラ・マンチャをクリックして右メニューからマンチュエラをクリックするとこちらの法令が現れます。DO マンチュエラの葡萄品種構成は

2. Variedades de vid. Blancas:
Albillo, Chardonnay, Macabeo (o Viura), Sauvignon Blanc y Verdejo, Pardillo, Viognier y Moscatel de grano menudo.

Tintas:
Bobal, Cabernet Sauvignon, Cencibel (o Tempranillo), Garnacha, Merlot, Monastrell, Moravia dulce, Syrah, Garnacha tintorera, Malbec, Moravia agria, Mazuelo, Graciano, Rojal, Frasco (ó Tinto Velasco), Petit verdot, Cabernet franc y Pinot Noir.

白品種の中にアルビーリャ・デ・マンチュエラに似た名称といえば Albillo がそれらしい。VIVCのサイトに戻り Albillo で再検索すると

ALBILLO REAL 247
CHASSELAS BLANC 2473
CAYETANA BLANCA 5648


という3種類の品種が Albillo をシノニムとしています。これらの内スペイン原産とされる品種は真ん中を除く2種類。

またこちらのサイトではこのワインに使われる品種は

Grape Variety: Albilla (100%)

としています。であるなら Albilla を VIVC のサイトで調べると

ALBILLO REAL 247
PALOMINO FINO 8888


が正式名称として出てきます。

おっと、胡散臭い評論家もこのワインについて語っていますが葡萄品種に関しては Albillo とも Albilla ともどちらも否定していません。

アルビーリョかアルビーリャかもしくは輸入元が仰るアルビーリャ・デ・マンチュエラか?

もちろん生産者自身がこの葡萄品種をアルビーリャ・デ・マンチュエラと呼んでいた可能性も否定できません。

こちらには葡萄品種として Albilla de Manchuela と明記してあります。ですが実際その名の葡萄品種は登録されていないため存在するとは考えにくいと思います。

こちらのコメント欄をご覧下さい。注目すべき発言があります。例の胡散臭い評論家はこの品種をパロミノであると云ったそうです。

確かに Albilla をシノニムに持つ品種として Palomino Fino 葡萄品種番号 8888 は存在しますが、パルミノ・フィノに Albillo というシノニムは存在しませんスペインのワイン法に Albillo とあることから考えても Albillo をシノニムに持つ葡萄品種を外すとは考えられません

従ってこのワインに使われる葡萄品種はアルビーリョ・レアル葡萄品種番号247 であると考えます。

シノニムは何と57も存在します。

| ワイン日記::スペインワイン |
| 07:47 AM | comments (0) | trackback (x) |


PAGE TOP ↑
Copyright © 2006 ワインと葡萄::2012年08月15日
All Rights Reserved./Skin:oct