ワインと葡萄

ワイン用ブドウラボ、たまにピアノ

ARABAKO TXAKOLINA CHACOLI DE ALAVA
まず DO アラバコ・チャコリニャはバスク州アラヴァ県の5つの集落 Amurrio、 Artziniega、Ayala/Aiara、Laudio/Llodio、Okondo で造られ、チャコリとしては一番南側の唯一内陸部の産地となっています。原産地の法律が公布されたのは2001年4月2日のことです。

最新の法令より葡萄品種規定は次の通りです。(原文そのまま)

Blancas: «Ondarrabi Zuri», que se considera como recomendada o principale, «Ondarrabi Zuri Zerratia» (Petit Courbu), «Izkiriota» (Gros Manseng), «Izkiriota Ttippia» (Petit Manseng), «Sauvignon blanc», «Riesling» y «Chardonnay», consideradas como autorizadas.

Tintas: «Ondarrabi Beltza», que se considera como recomendada o principale,

2. El Consejo Regulador fomentará las plantaciones de variedades recomendadas.
Las variedades autorizadas «Izkiriota» (Gros Manseng), «Izkiriota Ttippia» (Petit Manseng), «Sauvignon blanc», «Riesling» y «Chardonnay» tendrán limitada su superficie, no pudiendo superar en su conjunto el 20% de la superficie de viñedo procesado por cada bodega inscrita, para la elaboración de vino amparado.
La variedad blanca autorizada «Ondarrabi Zuri Zerratia» (Petit Courbu), tendrá limitada su superficie, no pudiendo superar el 20% de la superficie de viñedo procesada por bodega inscrita para la elaboración de vino amparado, sin perjuicio de lo dispuesto en la disposición transitoria.

白ワインだけと思っていたのですが赤ワインも存在します。白の主要品種はオンダラビ・スリ、風変わりな名称ですがバスク語故なのでしょう。
その他白ワインにはオンダラビ・スリ・ゼラティア(プティ・クールビュ)、イズキリオータ(グロ・マンサン)、イズキリオータ・ティッピア(プティ・マンサン)、ソーヴィニョン・ブラン、リースリング、シャルドネの名前も見掛けますが混ぜてもよいという程度のはず。

赤ワインにはオンダラビ・ベルツァを用いるようです。赤が存在すればロゼもあるのでしょう。

また発泡性の基準ですが 20℃で 3.5BAR との表記がありますのでかなりガス圧が高いと考えます。

日本語版スペインワインのサイトでは詳しいことが見付かりませんのでこちらをご覧下さい。ちょっとデータは古いかも知れませんが 2008年の栽培面積は 60ha となっています。

ところが現在はそんな数ではありません。

こちらをご覧下さい。バスク州の3つあるチャコリ全部を合わせるとその栽培面積は700ha、その半分の 350ha がチャコリ・デ・ゲタリア、300ha がチャコリ・デ・ビスカイア、アラヴァ県もその勢いで増え続け 2010年では100ha、33万本の生産となっているはずです。

葡萄品種について話を戻しますが、フランス語版ではこちらをご覧下さい。こちらによると赤ワインのデータはなく白ワインの品種構成については次のようになっています。(原文そのままスペルは間違いですけど)

Hondarribi Zuri (80%), Gross Manseng (20%), Petit Manseng (5%), Petit Corbu (5%)

主要品種とされるオンダラビ・スリですがスペルは Ondarrabi Zuri の他にフランス語では Hondarribi Zuri とオンダリビ・シュリ、日本語表記ではオンダラビ・スリと表記がまちまちですね。

VIVCによると正式名称は ONDARRABI ZURI となっていてシノニムは次の通り9種類です。

HONDARRABI ZURI
ONDARABIYA ZURIYA
ONDARRABI TXURI
ONDARRUBI ZURILLA
OUNDANABI
TOCURI
TXURI
ZURI
ZURIA

スペインの法令で Petit Courbu プティ・クールビュと同一とされる Ondarrabi Zuri Zerratia ですが VIVCで正式名称 Courbu Petit クールビュ・プティを見るとそんなシノニムは存在していません。クールビュ・プティのシノニムとされるのは PETIT COURBU しか存在しないはず。ちなみにオンダラビ・・・と名が付くシノニムを持つ葡萄品種は残念ながら上記の ONDARRABI ZURI と Ondarrabi Beltza の2種類しか登録されていない模様です。また Zerratia という文言を葡萄品種名からは見付けることが出来ません。

次にVIVCのサイトでグロ・マンサンを見ると正式名称 MANSENG GROS BLANC マンサン・グロ・ブランでフランス原産の品種でありシノニムは

GROS MANSENC BLANC
GROS MANSENG
GROS MANSENG BLANC
ICHIRIOTA ZURIA HANDIA
ICHIRIOTA ZURIAHANDLA
PETIT-MANSENC

の6例が報告されています。

そして次のプティ・マンサンですが正式名称は MANSENG PETIT BLANC マンサン・プティ・ブランでこのシノニムは

ESCRIBEROU
ICHIRIOTA ZURIA TIPIA
MANSEIN
MANSEIN BLANC
MANSEING
MANSENC BLANC
MANSENC GRISROUX
MANSENG BLANC
MANSENGOU
MANSIC
MANSIN
MAUSEC
MAUSENC BLANC
MIOT
PETIT MANSENC
PETIT MANSENG
PETIT MANSENG BLANC

と17種類報告されています。法令に存在する Izkiriota 、Izkiriota Ttippia は恐らくバスク語のシノニムのためスペイン語のシノニムとしてはVIVCの側で省かれたはずです。また Ondarrabi Zuri Zerratia は法令には載っているもののクールビュ・プティのシノニムかどうか判断に困るところです。バスク語ではそう呼ぶのかも知れません。
もしくは法令だけに存在する文言かも知れませんけど。


| ワイン日記::スペインワイン |
| 04:34 PM | comments (0) | trackback (x) |


PAGE TOP ↑
Copyright © 2006 ワインと葡萄::2012年08月01日
All Rights Reserved./Skin:oct