ワインとピアノのある部屋

八戸ノ里南を西へ入った自転車店のつぶやき

Crémant d'Alsace Extra Brut Zéro Dosage 2008 Domaine Binner
クレマン・ダルザス、エクストラ・ブリュット ゼロ・ドザージュ ドゥーミル・ユイットとお読み下さい。決して「ゼロ・ドサージュ」などと発音しませんのでワインの仕事に携わる方は注意して頂きたいと思います。

今では「ノン・ドゼ」と云うのが一般的になっていますが「ノン・ドサージュ」などと未だに云っておられるソムリエ諸氏を多く見掛けるのが現状であります。もし「ドサージュ」が正しいなら「ノン・ドセ」になるはずどっせ。

さて生産者ですが、表ラベルには Audrey et Christian Binner となっていますけど裏ラベルには Monique , Audrey , Joseph et Christian Binner と4人に増えています。

生産者のサイトを見ると葡萄畑は全部で11ha 、生産者の名前ですがさらにもう一人 Béatrice の名前も見付かり他に従業員が2人働いているはずですので家族経営ながら結構大所帯のドメーヌと申せます。

コルクは積層タイプのシャンパーニュでよく見掛けるモノと同じ材質ですが、寸法的にかなり長い高級品です。プラーク・ド・ミュズレ、そしてミュズレもコーティングしてあるので外観はまずまずです。

5℃まで思い切り冷やして抜栓しようとするとかなりの圧力を感じます。状態は完璧です。

グラスに注ぐと果皮の色からでしょうか黄金色を呈していて泡立ちは普通といったところです。

▼続きを読む
| ワイン日記::フランスワイン |
| 12:11 PM | comments (2) | trackback (x) |
コメント一覧
Georges |2012/07/25 12:16 PM |
debussy |2012/07/24 09:19 PM |


PAGE TOP ↑
Copyright © 2006 ワインとピアノのある部屋::2012年07月24日
All Rights Reserved./Skin:oct