ワインと葡萄

ワイン用ブドウラボ、たまにピアノ

Château de Blissa 1998 AC Côtes de Bourg

| ワイン日記::フランスワイン |
| 11:50 PM | comments (0) | trackback (x) |

フランス食の広場 メールマガジン第364号
フランス食の広場 メールマガジン第364号から面白い話題をコピーします。

とても古いぶどう樹が歴史的記念物としての認定を受ける
Gers : de tres vieilles vignes inscrites aux Monuments Historiques
-------------------------------------------------------------------------
南西地方のAOPサン・モンのコトー・ド・ニナンにあるぶどう畑の12列、600株のぶどう樹が、フランス文化財センターから、歴史的記念物としての認定を受けた。この中の一部は、1830年に植えられたとされ、まだ現役として果実を実らすぶどう樹としては、現在フランスの中で最も古い樹である。

これらのぶどう樹は、砂質土壌のためにフィロキセラの被害を受けておらず、接ぎ木をしていない自根である。当該区画の20種類あまりの品種の中には、全く記録にはないものもある。

ルネ・ペデベルナド(85歳)は、20年前に引退したが、この畑の世話は続けてきた。「私のおばあちゃんのそのまたおばあちゃんの時に、すてに古木と言われてましたよ」という。これらのぶどうは、これまでは他の樹のぶどうと一緒にサン・モンの協同組合に納入されていたが、今後は歴史的記念物としての認定を受けたぶどう樹だけでスペシャル・キュヴェを造ることも考えているという。「品種がまちまちなので、上等なワインにはならないだろうが」とペデベルナド氏は語っている。

(vitisphere,6/20(出典はAFP))

その原典はこちらをご覧下さい。画像もありますので参考になると思います。
| ワイン日記::フランスワイン |
| 07:00 PM | comments (0) | trackback (x) |


PAGE TOP ↑
Copyright © 2006 ワインと葡萄::2012年06月25日
All Rights Reserved./Skin:oct