ワインとピアノのある部屋

八戸ノ里南を西へ入った自転車店のつぶやき

Duras
この品種もアペラシヨン・エスタンの補助品種のところに記載があったものです。恐らく「デュラス」と読むと思いますが違っていれば後程訂正します。

葡萄品種デュラスと南西地方のアペラシヨン・コート・ド・デュラスは同じ「Duras」ですがアペラシヨン・コート・ド・デュラスの赤ワインに使われる品種はCabernet-Sauvignon N, Cabernet franc N, Merlot N et Cot N カベソー、カベルネ・フラン、メルロー・ノワール、コットでありこの葡萄品種デュラスとは全く無縁であります。

一大生産地はフランス南西地方のガイヤックであり、原産地もそのタルヌ県ガイヤックであろうとされています。またアリエージュ県では durazé と呼ばれていたのが、この葡萄品種の名前の由来であるという説もあります。
最新版フランス葡萄品種のサイトからこちらのグラフを見て頂くと分かり易いと思いますが近年非常に栽培面積が増えました。そのフランス国内の栽培面積は 1958年から 1968年にかけては 87ha から 75ha と低迷を続けていましたが 1979年から増え続け 2008年には1063ha にまで増え、2011年では 868ha となっており、マイナー品種としては近年になってから沢山植えられてる品種であります。

VIVCのサイトによるとデュラスのシノニムは

CABERNET DURAS
DURADE
DURAS FEMELLE
DURAS MALE
DURAS ROUGE
DURASCA
DURAZE

と7種類報告されています。VIVCのサイトではフランス語でよく使われるアクサン・テギュなどの記号が省かれるのが困ります。

さてこの品種 Duras を使ってワインを造るのはアペラシヨン・エスタン、ガイヤックの他にアヴェイロン県のアペラシヨン Côtes de Millau コート・ド・ミヨーがあります。

えっ、そんなアペラシヨンあったの?

と思った方はかなりお勉強されているはず。2011年末で廃止された VDQS のカテゴリーにあったコート・ド・ミヨーは 2011年11月にアペラシヨンを取得しました。従って2012年の収穫からこの AOC Côtes de Millau のラベルを貼ったワインが登場する訳です。こちらをご覧下さい。地図はこの3月に出来たばかりのこちらをご覧下さい。範囲はアヴェイロン県に限られていますのでラングドック・ルーシヨンではなく南西地方のワインに分類されるはずです。

アペラシヨン・コート・ド・ミヨーの赤とロゼに使われ葡萄品種規定は

1°- Encépagement
a) - Les vins rouges sont issus des cépages suivants :
- cépages principaux : gamay N, syrah N ;
- cépage complémentaire : cabernet-sauvignon N ;
- cépages accessoires : duras N, fer N.
b) - Les vins rosés sont issus des cépages suivants :
- cépage principal : gamay N ;
- cépages accessoires : cabernet-sauvignon N, duras N, fer N, syrah N.

やはり残念ながら主要品種ではなく補助品種での扱いですけど・・・。

葡萄品種デュラス単一品種だけで構成される赤ワイン、あれば飲んでみたいのですが。

| ワイン雑感 |
| 06:46 PM | comments (0) | trackback (x) |

Castets
先日ご紹介した新しいアペラシヨンで聞き慣れない葡萄品種を見掛けましたので調べています。本日の調査対象は「CASTETS」、読み方は「カステ」が近いように思います。

INAOのサイトでは「castet」と表記していますが正式名称は「CASTETS」末尾に「S」が付きます。先ずは元祖フランス葡萄品種のサイトからこちらをご覧下さい。この品種名は1870年に発見者とされる Nicouleau という人物の名前、あるいは1875年頃この品種を増殖させたと云われる人物の名前 Castets からとられたものとのことであります。

VIVCのサイトを見るとこちらの通り9つあるシノニム

CASTET
ENGRUNAT
GROS MACHOUQUET
GROS VERDAU
MACHOUPET
MACHOUQUET
MATIOUPET
MATIOUQUET
NICOULEAU

にも同じ名前があります。

最新のフランス葡萄品種のサイトではその原産地をジロンド県のガロンヌ川右岸のアペラシヨンで云う「コート・ド・ボルドー・サン・マケール」地区であると指摘しています。2つのフランスのサイトではどちらも絶滅危惧種としており、2011年の栽培面積は僅か 0.1ha とまさに風前の灯火であります。

ところがこちらのサイトでは19世紀にプロヴァンスで植えられ、特にエクス・アン・プロヴァンスがその産地として有名だったみたいです。それから、この葡萄品種を用いるのはアペラシヨン・エスタンの他プロヴァンスのパレットとの記載があります。念のためアペラシヨン・パレットを見ましょう。

ヨーロッパのワイン法に詳しいサイトからプロヴァンスのアペラシヨン・パレットはこちらをご覧下さい。INAOのサイトからパレットの最新詳細情報を引っ張り出して赤ワインに関する葡萄品種の記述をコピーさせて頂くと(内容は全く同じですけど)

1°- Encépagement

b) - Les vins rouges et rosés sont issus des cépages suivants :
- cépages principaux : cinsaut N, grenache N, mourvèdre N ;
- cépages accessoires : brun fourca N, cabernet-sauvignon N, carignan N, castet N, durif N, muscat à petits grains Rg, muscat de Hambourg N, petit brun N, syrah N, téoulier N, terret gris G, tibouren N.

2°- Règles de proportion à l’exploitation

b) - Vins rouges et rosés
- La proportion des cépages principaux est supérieure ou égale à 50 % de l’encépagement ;
- La proportion de chacun des cépages principaux est inférieure ou égale à 80 % de l’encépagement ;
- La proportion du cépage mourvèdre N est supérieure ou égale à 10 % de l’encépagement ;
- L’encépagement destiné à la production de vins rosés peut, en outre, comporter les cépages énumérés pour la production des vins blancs, dans une proportion inférieure ou égale à 15 % de l’encépagement.

先程示しましたが castet はCastets のシノニムの一つです。補助品種として残っていますね。ですが補助品種というのは全く使われない可能性もある訳ですからこの地で植えられていない可能性もある訳です。

| ワイン雑感 |
| 03:22 PM | comments (0) | trackback (x) |


PAGE TOP ↑
Copyright © 2006 ワインとピアノのある部屋::2012年05月30日
All Rights Reserved./Skin:oct