ワインと葡萄

ワイン用ブドウラボ、たまにピアノ

マルヴァジアとマルヴォワジー
日本語のカタカナ表記すればよく似ていて「同じ品種」と考えている人も居られますがこの2つを名乗る葡萄品種はかなりの数に上ります。

まず最初にマルヴァジアとマルヴォワジーは同一品種を指すことは1例のみで他はすべて異なる品種を意味します。即ちマルヴァジアとマルヴォワジーは同一品種ではありません。

シノニムとして「Malvasia」と「Malvoisie」を両方持つのはVIVCの葡萄品種番号 16157 の VELTLINER FRUEHROT だけです。ですがこのヴェルトリナー・フルーロット(もしくはフェルトリナー・フルーロット)は名前からしてドイツ、オーストリアで栽培されている品種みたいですのでフランスやイタリアワインとは無関係のはず。詳しくはこちらをご覧下さい。

ですが早合点しないで下さい。オリジナル・ペディグリーに SILVANER × ROTER VELTLINER とありますが、前者の SILVANER とは、普通一般にシルヴァネールと呼ばれている品種ではありませんのでご注意下さい。

Veltliner Fruehrot はイタリア原産の果皮が赤い「ROUGE」と呼ばれる葡萄品種でシノニムは136も報告されています。ご覧頂けるとお分かりの通りマルヴァジア関連の複数のシノニムの他マルヴォワジー関連の複数のシノニムを有しています。

さて Malvasia マルヴァジアから見ていきます。
VIVC のサイトから MALVASIA と名の付く葡萄品種、とりわけ何も後に付かない「MALVASIA」だけで何と18種類存在します。内訳は殆どが白品種(13品種)ですが果皮が黒い黒品種が4つ、果皮が赤い「ROUGE」が1つあります。

この18種の中で正式名称に「MALVASIA」を持つのはスペイン原産の白品種でVIVC葡萄品種番号 15674 のこちらと、同じく葡萄品種番号 15675 のこちらは果皮の黒い黒品種ですが原産国は不明です。さらにポルトガル原産の葡萄品種番号 22968 のこちらは白品種で GIBI × AMARAL の交配種とのことですが我々が普通呼んでいるマルヴァジアとは異なる品種のはず。もう一つ存在するのは原産国不明のこちらで白品種。4種類のうちワイン用とされるのは15674 と 22968 で他の2品種は用途不明の品種であります。

我々が普通マルヴァジアと呼んでいた葡萄品種はイタリアかフランスのワインに使われる訳ですからこれらの「Malvasia」とは関係ないみたいですね。

それでは本命のマルヴァジアに迫ってみましょう。

結論から申しますと白ワインに使われるマルヴァジアは正式名称 Malvasia Bianca マルヴァジア・ビアンカである可能性が高いはず。このマルヴァジア・ビアンカはイタリア原産のトレッビアーノ・トスカノと同じくガルガネーガを祖とする白葡萄品種で、シノニムは39例報告されています。

| ワイン雑感 |
| 11:57 PM | comments (0) | trackback (x) |


PAGE TOP ↑
Copyright © 2006 ワインと葡萄::2012年02月11日
All Rights Reserved./Skin:oct