ワインと葡萄

ワイン用ブドウラボ、たまにピアノ

HEUNISCH WEISS 関連 franc noir de la Haute Saône
次の品種は franc noir de la Haute Saône という長ったらしいお名前です。こんな正式名称の葡萄品種が存在するのでしょうか?
いつもの VIVC のサイトからこちらをご覧下さい。末尾近くの「O」にサーカムフレックス(フランス語ですのでスィルコンフレクス)が抜けていますが正式名称 FRANC NOIR DE LA HAUTE SAONE フランク・ノワール・ド・ラ・オート・ソーヌ に間違いありませんでした。

こちらをご覧下さい。画像もありますがVIVCのサイト同様この品種は 9279 PINOT NOIR × 5374 HEUNISCH WEISS により生まれた品種としています。

即ち遺伝子解析の結果で見れば GAMAY NOIR と同様と云うことになります。

シノニムは全部で7つ、殆どみんな長い名前です。

FRANC NOIR DE CENDRECOURT
FRANC NOIR DE GY
FRANC NOIR DE JUSSEY
FRANC NOIR DE VENERE
GOUGENOT
GOUGENOT SAONE
PLANT JACQUOT

こちらが信用出来るかどうか分かりませんが、事実とするならやはりこの品種もオーブに植えられていることになりますね。でも起源はそんなに古くはなさそうです。

果皮が黒い黒葡萄品種であり、ちょっと古いデータですが 1988年の栽培面積は 5ha とのこと。アペラシヨン格のワインには見掛けませんが、複数の IGP の葡萄品種規定には載っています。

フランスの AOC ですが最初に決まったのはシャンパーニュに関する法令であります。そのセパージュには「すべてのピノに類する葡萄、ラルバンヌ(現在の正式名称はARBANE アルバン)、ル・プティ・メリエ(現在の正式名称 MESLIER PETIT メリエ・プティ)」とありますので、この品種も当て嵌まるはずです。


| ワイン雑感 |
| 07:00 PM | comments (0) | trackback (x) |


PAGE TOP ↑
Copyright © 2006 ワインと葡萄::2012年01月16日
All Rights Reserved./Skin:oct