ワインと葡萄

ワイン用ブドウラボ、たまにピアノ

ジュラのシャルドネその2
次に息子ジュリアンが造るコート・デュ・ジュラのシャルドネは畑の名前が付いた「アン・ビヤ」。

ちょっと本題とは外れますがコート・デュ・ジュラの葡萄品種について申し上げます。

まずはコート・デュ・ジュラ赤ワインに使うことのできる葡萄品種ですが Poulsard プルサールと名が付く葡萄品種は POULSARD BLANC、POULSARD NOIR、POULSARD NOIR MUSQUET、POULSARD ROSE、そしてPOULSARD ROUGE と5種類も存在します。これらの内ワイン用葡萄品種はプルサール・ブラン、プルサール・ノワール、そしてプルサール・ルージュと3種類がワイン用の品種。

で、アペラシヨンの規定では赤ワイン用なので正式名称プルサール・ノワールがこれに該当するはずです。プルサール・ノワールのシノニムは

BLUSSARD BLAU
BLUSSARD FRUEH BLAU
BLUSSARD MODRY
CORNELLE
DRILLE DE COQ
KLEINBLAETTRIGE FINGERTRAUBE
MALVASIER SCHWARZ
MESCLE
METHIE
MIECLE
PANDOULEAU
PELOSSARD
PELOUSSARD
PENDOULOT
PLANT D'ARBOIS
PLEUSARD
PLEUSART
PLOUSARD
PLOUSSARD
PLUSSART
PULCEAU
PULSAR
PULSARD
QUILLE DE COQUE
RAISIN PERLE
YURSKII ZHEMCHUG

と26も報告されています。

次にトゥルソーですがこれは TROUSSEAU NOIR が正式名称のこちら でシノニムは38も報告されています。この品種はスイス原産の SAVAGNIN BLANC サヴァニャン・ブランと何かの品種の交配と云うことは分かっているものの相方の品種は未解明であります。

名称が似ていて紛らわしいのはヨンヌ県で植えられ最近アペラシヨンから除外されてしまったトゥルソ 正式名称 TRESSOT NOIR ( Duras とVerdot petit の交配種 ) で、以前申し上げたようにブルゴーニュ関連のアペラシヨンには相応しくない品種プティ・ヴェルドがらみの品種であるので排除された模様であります。

▼続きを読む
| ワイン日記::フランスワイン |
| 11:50 PM | comments (0) | trackback (x) |


PAGE TOP ↑
Copyright © 2006 ワインと葡萄::2012年01月04日
All Rights Reserved./Skin:oct