ワインと葡萄

ワイン用ブドウラボ、たまにピアノ

コート・デュ・ジュラのシャルドネその1
ブルゴーニュのシャルドネに飽きたら次に注目されることになるであろうコート・デュ・ジュラ、しかも殆ど知られていない生産者について書いてみたいと思います。まず地元ではかなり有名な頑固親爺ドメーヌ・アラン・ラベから。

ジュラのワインについてはジュラ・ワインの公式サイトをご覧になると殆どお分かり頂けるはず。ですがフランス語だけしか対応していません。

ワイン関連でジュラ地方には6つのアペラシヨンが存在します。即ち

AOC Arbois
AOC Château-Chalon
AOC L'Étoile
AOC Côtes du Jura
AOC Macvin du Jura
AOC Crémant du Jura

そして生産者を調べるには左上のメニュー「Les Domaines」から右の選択肢を選び Par type.... から Les producteurs indépenants を、Par commune... からROTALIER を選び、Choisir un adhérent... の右端▼をクリックして Domaine Labet を選択するとこちらのページを見ることが出来ます。

ドメーヌ・ラベ Domaine Labet は親子で次の2つに分けられます。

1つはお父さんのアラン・ラベが1974年に設立したもので年産平均 50,000本のワインを生産していて赤ワイン用の畑が 1.5ha、内訳はプルサール 47%、ピノ・ノワール 35%、そしてトゥルソー 18% と白ワイン用の畑が 7.5ha、シャルドネ・ブランが 77%、サヴァニャン 23% となっています。

もう一方のジュリアン息子の方は設立が 2003年、平均生産量 8,000本と少なく赤ワイン用の畑は 0.8ha、プルサールが 90%、トゥルソーは 10%、白ワイン用の畑は 2.3ha でシャルドネ・ブラン 75% にサヴァニャン 25% となっています。


▼続きを読む
| ワイン日記::フランスワイン |
| 11:51 PM | comments (3) | trackback (x) |
コメント一覧
system-d |2012/01/06 04:20 PM |
Georges |2012/01/05 11:28 PM |
system-d |2012/01/05 01:18 PM |


PAGE TOP ↑
Copyright © 2006 ワインと葡萄::2012年01月03日
All Rights Reserved./Skin:oct