ワインと葡萄

ワイン用ブドウラボ、たまにピアノ

Pineau des Charentes Cuvée Privilège
ピノー・デ・シャラント、飲んだことのない人は一度は飲んでみたいはずのアペラシオンでしょうね。
場所はコニャックの生産地とドルドーニュ県の一部、またロワールの一部にもまたがります。私的な意見ですが「消えゆくアペラシオン」の一つであります。

つい最近まで似たようなワイン風飲み物として「ラタフィア」もしくは「ラタフィア・ド・シャンパーニュ」がアペラシオンとして実在しました。無くなったらそれを欲しがる輩が登場して「非常に旨いモノ」かのごとく煽るのですが、正直言いますととても日本人の舌に合うような飲み物ではありません。ハッキリ言いますと「諄い甘さ」の飲み物であります。

このピノー・デ・シャラント別名 Pineau Charentais も同じくしつこい甘さなのでワインの類と思って飲んだら大間違いであります。フランス国内でこんな甘い飲み物を食前酒として供する習慣が今も続いているとはとても思えません。

辛口のワインが苦手な人、しつこい甘さの平気な人なら飲めるのでしょうけど私はゴメンであります。日持ちするそうなので味醂代わりに使うことになるでしょう。
| ワイン日記::フランスワイン |
| 11:57 PM | comments (0) | trackback (x) |

Bourgogne Chardonnay 2009 Domaine Thomas Morey

| ワイン日記::フランスワイン |
| 11:50 PM | comments (0) | trackback (x) |

葡萄酒屋 イータ 11月24日開店
滋賀県の永源寺ヒトミワイナリーをご存知の方、またこの生産者のワインがお好きな方には役立つ情報化も知れません。

日登美株式会社がこのワイナリーの経営を担っているのですがその親会社の社長が高校時代の同級生だったことが判明。国産ワインは全く飲まないのですがこれを機会にまた挑戦してみたいと思います。

営業時間:月~金 17:30~23:00(20:00フードラストオーダー)
場所:大阪市天王寺区東高津町4-15
近鉄上本町駅より300m/シェラトン都ホテル大阪より200m/谷町線谷九より700m弱
電話:06-6765-7117

尚、11月24日新開店のため28日以降に行かれることをお薦め致します。


| ワイン雑感 |
| 06:46 PM | comments (0) | trackback (x) |


PAGE TOP ↑
Copyright © 2006 ワインと葡萄::2011年11月23日
All Rights Reserved./Skin:oct