ワインと葡萄

ワイン用ブドウラボ、たまにピアノ

Chianti Classico 2008 Fattoria Viticcio
キャンティとキャンティ・クラッシコ

どちらもトスカーナ州のDOCGワインなのですがその違いは場所であり意味的には何も付かないキャンティ、キャンティ・コッリ・アレティーニやキャンティ・ルフィーナなど一連の「キャンティ連合」と「昔からのキャンティ」という風にご理解頂けると分かり易いはず。こちらの地図をご覧下さい。画面上、上の地図がキャンティの中心部であり昔からのキャンティ即ちキャンティ・クラッシコ。下の地図の緑色の部分がキャンティ(キャンティ連合)、黄緑色はキャンティ・クラッシコであります。

ですがその境界線は実に曖昧であったのです。ハッキリとした実線で区分けされることは2010年6月10日までなされていませんでした。この2010年の法律改正でDOCGキャンティ・クラッシコの領域で「DOCGキャンティ」の生産が禁止されたため、やっとキャンティ・クラッシコはキャンティから独立したことになりました。

年表で表すと次の通り

1984年DOCG Chianti に昇格 (キャンティ・クラッシコはキャンティの一部としての扱い)

1996年DOCG Chianti Classico が新たに制定される

2010年 DOCG Chianti Classico 領域内でのDOCG Chianti の生産禁止

では一連のキャンティ連合とはと申しますと次の通り

Chianti
Chianti superiore
Chianti Colli Aretini
Chianti Colli Fiorentino
Chianti Colli Senesi
Chianti Colline Pisane
Chianti Montalbano
Chianti Montespertoli
Chianti Rufina

即ち単なるキャンティ、キャンティ・スペリオーレ、地域名称を伴うキャンティとしてキャンティ・コッリ・アレティーニ、同・フィオレンティーノ、同・セネージ、同・コッリーネ・ピサーネ、同・モンタルバーノ、同・モンテスペルトーリ、同・ルフィーナがあり、これら一連の「キャンティ連合」はDOCG Chianti として一つの法律となっているわけです。法律原文はこちらです。キャンティ・クラッシコを囲むように大変広い地域に広がっています。

まず地域名を伴わないキャンティの範囲ですが

アレッツォ県の19 のコムーネ、Arezzo、Bucine、Capolona、Castelfranco di Sopra、Castiglion Fibocchi、Cavriglia、Civitella in Val di Chiana、Foiano in Val di Chiana、Laterina、Loro Ciuffenna、Lucignano、Marciano della Chiana、Monte San Savino、Montevarchi、Pergine Valdarno、Pian di Sco、Pietrafitta、Subbiano、Terranova Bracciolini。

プラート県の2コムーネ CarmignanoとPoggio a Caiano

フィレンツェ県の32コムーネ Bagno a Ripoli、Barberino in Val di Pesa、Capraia、 Castelfiorentino、Cerreto Guidi、Certaldo、Dicomano、Empoli、Fiesole、Figline Valdarno、Firenze、Gambassi Terme、Incisa Valdarno、Impruneta、Incisa Valdarno、Lastra a Signa、Limite、Londa、Montaione、Montelupo Fiorentino、Montespertoli、Pelago、Pontassieve、Reggello、Rignano sull’Arno Rufina、San Casciano in Val di Pesa、Scandicci、Signa、Tavernelle Val di Pesa、Vinci。

ピサ県の16 コムーネ Capannoli、Casciana Terme、Chianni、Crespina、Fauglia、Laiatico、Lari Lorenzana、Monopoli Valdarno、Palaia、Peccioli、Ponsacco、Pontedera、San Miniato、Santa Luce、Terricciola。

ピストイア県とプラート県の8 コムーネ ピストイア県のLarciano、Lamporecchio、Montale、Monsummano Terme、Pistoia、Quarrata、Serravalle Pistoieseとプラート県のMontemurlo。

そしてシエナ県の24コムーネ Asciano、Casole D’Elsa、Castelnuovo Berardenga、Cetona、Chianciano、Chiusi、Colle Val d’Elsa、Montalcino、Montepulciano、Monteriggioni、Monterroni Val d’Arbia、Murlo、Pienza、Poggibonsi、Radicopoli、Rapolano Terme、San Gimignano、San Casciano dei Bagni、Sarteano、Sinalunga、Siena、Sovicille、Torrita di Siena、Trequanda。

そして地域名を伴うキャンティは次の範囲であります。

“Chianti Montalbano”
ピストイア県のLarciano、Lamporecchio、Monsummano Terme、Quarrataと
フィレンツェ県のCapraia、Limiti、Vinci。

“Chianti Rufina”
フィレンツェ県のDicomano、Londa、Rufina、Pelago、Pontassieve。

“Chianti Colli Fiorentini”
フィレンツェ県のFiesole、Bagno a Ripoli、Pontassieve、Pelago、Rignano sull’Arno、Reggello、Incisa Val d’Arno、Figline Val d’Arno、Firenze、Impruneta、Scandicci、Lastra a Signa、Montelupo、Fiorentino、San Casciano Val di Pesa、Tavernelle Val di Pesa、Certaldo、Barberino Val d’Elsa

“Chianti Colli Senesi”
San Gimignano、Poggibonsi、Colle Val d’Elsa、Sovicille、Murlo、Montalcino、Siena、Monteriggioni、Castelnuovo Berardenga、Sinalunga、Torrita di Siena、Montepulciano、Chiusi。

“Chianti dei Colli Aretini”
Arezzo、Subbiano、Capolona、Laterina、Loro Ciuffenna、Castelfranco di Sopra、Pian di Sco、Cavriglia、Montevarchi、Bucine、Pergine Valdarno、Castiglion、Fibocchi、Civitella in Val di Chiana、Pietraviva。

“Chianti Colline Pisane”
Fauglia、Crespina、Ponsacco、Capannoli、Casciana Terme、Terricciola、Chianni、Lari。

“Chianti Montespertoli”
フィレンツェ県のMontespertoliだけに限る。


一方昔からのキャンティ・クラッシコはコムーネが下記に限定されています。

フィレンツェ県のGreve in Chianti, Barberino Val di Pesa, San Casciano Val di Pesa, Tavernelle Val di Pesa,
シエナ県のCastellina in Chianti, Gaiole in Chianti, Radda in Chianti, Castelnuovo Berardenga, Poggibonsi,

DOCG Chianti Classico の法律原文はこちらです。

厄介なことに2つのDOCGに共通するコムーネがあります。該当するコムーネは地図でその範囲を明確に示して頂けると有り難いと思うのですが・・・
| ワイン日記::イタリアワイン |
| 11:50 PM | comments (0) | trackback (x) |


PAGE TOP ↑
Copyright © 2006 ワインと葡萄::2011年11月20日
All Rights Reserved./Skin:oct