ワインと葡萄

ワイン用ブドウラボ、たまにピアノ

Bourgogne Hautes Côtes de Nuits Rouge 2009 Domaine Michel Gros
ブルゴーニュ・オート・コート・ド・ニュイの赤ですが実の弟ベルナールのリリースよりかなり遅い出荷でありつい先日届いたばかりであります。

現在の法律上ブルゴーニュ・オート・コート・ド・ニュイは「ブルゴーニュ」のデノミナシオンの一つであり、アペラシオンは単なる「Bourgogne」です。その範囲は最も新しい法律原文からコピーさせて頂くと

Dans le département de la Côte-d’Or : Arcenant, Bévy, Chaux, Chambolle-Musigny, Chevannes, Collonges-lès-Bévy, Flagey-Echézeaux, Nuits-Saint-Georges, Curtil-Vergy, L’Etang-Vergy, Magny-lès-Villers (partie au nord du VC4 d’Echevronne à Magny et à l’est du CD 115 c de Magny à Ladoix), Marey-lès-Fussey, Messanges, Meuilley, Premeaux-Prissey, Reulle-Vergy, Segrois, Villars-Fontaine, Villers-la-Faye.

と明記されており造られるワインはスティルワインの白・赤・ロゼであります。

改正前の法律原文がヨーロッパのワイン法に詳しいサイトに載っていますのでウェブ魚拓を取りました。こちらを開いて第2条、葡萄品種のところをご覧下さい。コピーさせて頂くと次の通り

Les vins ayant droit à l'appellation contrôlée « Bourgogne » devront provenir des cépages suivants, à l'exclusion de tous autres : Pour les vins rouges : Pinot noirien, Pinot Liebault, Pinot Beurot. Dans le département de l'Yonne : le César et le Tressot.

最新の法律では次のように変わっています。

1°- Encépagement

b) - Les vins rouges sont issus des cépages suivants :
- cépage principal : pinot noir N ;
- cépages accessoires : chardonnay B, pinot blanc B, pinot gris G et, le cépage césar N, pour le seul département de l'Yonne, le cépage gamay N, pour les seuls vins issus des aires parcellaires délimitées des appellations d'origine contrôlées « Brouilly », « Chénas », « Chiroubles », « Côtes de Brouilly », « Fleurie », « Juliénas », « Morgon », « Moulin-à-Vent », « Régnié », « Saint-Amour ».

赤ワインに使われる品種ですが、昔の法律に当たり前のように登場する品種名 Pinot noirien は現在全く使われていない訳でその名前はシノニムを探しても出てきません。即ちピノ・ノワールのことに他有りません。
つぎの Pinot Liebault はVIVCのサイトからこちらで存在するもののワイン用葡萄品種かどうか、また原産国も不明であります。
そしてもう一つの Pinot Beurot はピノ・グリのシノニムであることが判明しています。こちらをご覧下さい。

そしてヨンヌ県で使用が認められていたセザールとトレソ種ですが現在ではセザールだけ、それも補助品種としてしか認められていません。

まずトレソが消えた理由として本ブログでは以前こちらで取り上げました。

| ワイン日記::フランスワイン |
| 11:50 PM | comments (0) | trackback (x) |


PAGE TOP ↑
Copyright © 2006 ワインと葡萄::2011年11月18日
All Rights Reserved./Skin:oct