ワインと葡萄

ワイン用ブドウラボ、たまにピアノ

Bourgogne pinot Noir 2009 Maison Jules Belin
恐らくプルモー・プリッセ Premeaux-Prissey に実在したであろうドメーヌ・ジュール・ベランをネゴシアンであるルイ・マックスが買収して、そのジュール・ベランという名称だけを使っているのが実際のはずであります。いわゆるルイ・マックスの別ラベルということでしょう。こちらをご覧下さい。この名称の生産者があったことが示されています。

昔のお話ですが、例えばドメーヌ・ジャック・プリュールの別ラベルは自分の住処であるシャトー・デ・ゼルボー Château des Herbeaux でした。ジャック・プリュールの名前では契約上売ることが出来ない地域へはこの別ラベルで販売していたわけです。ですが1980年代はとても酷い内容で、さすがに手を焼いたのか日本の大手が輸入を途中で打ち切ったのでした。処分に困ったそれらの在庫品を誰が買ったか興味のある人はmail頂ければお知らせ致します。

さてこのACブルゴーニュ・ルージュ、まず注目したいのは価格の安さであります。税別 1,850円は来週マーケットを賑わすボージョレ・プリムールと似たり寄ったりの価格のはず。逆算すると生産者蔵出し価格は恐らく 4.00~4.50€ でしょうからボージョレ・プリムールよりはずっとお高いはず。

早速開けてみたいと思います。
▼続きを読む
| ワイン日記::フランスワイン |
| 11:50 PM | comments (0) | trackback (x) |


PAGE TOP ↑
Copyright © 2006 ワインと葡萄::2011年11月11日
All Rights Reserved./Skin:oct