ワインと葡萄

ワイン用ブドウラボ、たまにピアノ

Mas des Chimères Oeillade 2009 Vin de Pays des Coteaux du Salagou Guilhem Dardé
マス・デ・シメール、エチケットに描かれているキメラ、もしくはキマイラ(獅子の頭と前足、山羊の頭と後ろ足と胴、蛇の尾を持つ、双頭の火を吐く獣)がこの農園の名称です。

フランス語で云うとシメールですがイタリア語ならキメラ、京都は高台寺の近くにあるイタリアンも同じ名前ですね。さてこの物騒な怪獣のエチケットの赤ワインは細かい文字で何種類か区別があります。

このワインの名称は「Oeillard」エヤード、カテゴリーはヴァン・ド・ペイ・デ・コトー・デュ・サラグーとなっています。このカテゴリーとはヴァン・ド・ペイ・ド・ゾーン、即ち最も範囲の狭い区分のヴァン・ド・ペイの名称であり「地域地酒」と呼べば分かりやすいかも知れません。
こちらの地図をご覧下さい。ピンクの太線で囲まれた地方がヴァン・ド・ペイ・ドック、カテゴリーで云うと Vins de Pays régionaux 分かり易く云えば「地方地酒」、その中のエロー県がありますね。

そのエロー県全体を示す分け方としてヴァン・ド・ペイ+県名(この場合はエロー県ですので表示はVin de Pays de l'Hérault)即ち「県地酒」。

さらにそのエロー県の中には何と24もの異なるヴァン・ド・ペイが存在します。これがそのヴァン・ド・ペイ・ド・ゾーン Vins de Pays de zone 即ち「地域地酒」となるわけです。
▼続きを読む
| ワイン日記::フランスワイン |
| 11:50 PM | comments (0) | trackback (x) |


PAGE TOP ↑
Copyright © 2006 ワインと葡萄::2011年11月08日
All Rights Reserved./Skin:oct