ワインと葡萄

ワイン用ブドウラボ、たまにピアノ

Côtes du Jura Chardonnay En Billat 2005 Domaine Julien Labet
コート・デュ・ジュラがアペラシオン、アン・ビヤはクリマの名称、葡萄品種はシャルドネ・ブランで生産者はジュリアン・ラベ。2008年のリリースの時に書いたブログはこちらをご覧下さい。セラーの隅っこに1本だけ残っていました。残り物というかその存在を忘れられていたワインですが外観上全く問題がないように思います。

さてアペラシオン・コート・デュ・ジュラは次のように分けられています。

--Côtes du Jura
Côtes du Jura blanc
Côtes du Jura rosé
Côtes du Jura rouge
Côtes du Jura vin de paille
Côtes du Jura vin jaune

またそれぞれのワインの色によって葡萄品種は決まっており次のような規定があります。

a) 白ワインの主要品種はシャルドネ・ブランとサヴァニャン Savagnin 、
  補助品種として黒葡萄のピノ・ノワールとプルサール Poulsard (現地では Ploussard )とトルソー Trousseau 。

b) 赤とロゼでは主要葡萄品種はピノ・ノワールとプルサールそしてトルソー、
  補助品種としてシャルドネ・ブランとサヴァニャンなので白ワインの主要品種と補助品種が逆転しているわけです。

c) 麦藁ワインと日本語に翻訳されているヴァン・ド・パイユはシャルドネ・ブラン、プルサール、サヴァニャンそしてトルソーとすべての品種。

d) 黄ワイン " vin jaune " はサヴァニャン種だけしか使えません。

ここで云う主要品種の割合は少なくとも80%が必要です。さてヴァン・ジョーヌはシェリー酒みたいなワインで黄色と云えども白ワインの部類であることはよく知られていますが、問題なのはヴァン・ド・パイユ。コート・デュ・ジュラに使える全品種が許容されていますがワインの色としての区別は白ワインであります。
▼続きを読む
| ワイン日記::フランスワイン |
| 11:50 PM | comments (0) | trackback (x) |


PAGE TOP ↑
Copyright © 2006 ワインと葡萄::2011年11月03日
All Rights Reserved./Skin:oct