ワインと葡萄

ワイン用ブドウラボ、たまにピアノ

第144回英ちゃん冨久鮓で味わう究極の会
今回で12年を全うした英ちゃん会、来月からはいよいよ13年目に突入します。東京からも毎回駆けつけて頂くメンバーさんをはじめ、グルメ・グルマンが勢揃い、ひと味違う本格的浪花料理を味わいたいと思います。

12年の最後を飾る第144回目、まずは先付けから登場です。


いくらの醤油漬けに大根おろし。表皮が柔らかいタイプのいくらです、ホンマに旨い。


口取りは瓢箪の粕漬けを真ん中に焼き椎茸、秋刀魚の昆布〆、黒豆の枝豆、舞茸ポン酢と5種盛りです。


お造りは活け鯖。ピカッと光っています。


煮物は瘡魚の煮付け、牛蒡に木の芽。


焼き物は平貝の磯辺焼きです。

▼続きを読む
| 英ちゃん冨久鮓で味わう究極の会 |
| 11:55 PM | comments (0) | trackback (x) |


PAGE TOP ↑
Copyright © 2006 ワインと葡萄::2011年10月15日
All Rights Reserved./Skin:oct