ワインと葡萄

ワイン用ブドウラボ、たまにピアノ

Château Reynon 2009 Cadillac-Côtes de Bordeaux
シャトー・レイノン、著名なボルドー大学ドニ・デュブルデュー教授が自らのシャトーで造る赤ワイン。アペラシオン・コート・ド・ボルドーをラベルに表記したワインが店頭に並ぶようになりましたがこのワインの場合、「カディヤック」を伴うカディヤック・コート・ド・ボルドーになっています。

以前にも述べましたが「カディヤック」とはコミューン名ですが同じ名前のアペラシオン・カディヤックは甘口白ワインに属するワインを意味します。従って赤ワインに「カディヤック」を名付けるのは違和感があるのですけどね。

またカディヤックやカスティヨン、あるいはブライなどと前置きが付いてもアペラシオンは「コート・ド・ボルドー」であります。ラベルに表記するのは本来はアペラシオンのはず、しかし現状はデノミナシオンを表記してあるのが殆どです。

さてデュブルデュー教授といえばマセラシオン・ペリキュレールで有名な白ワインの権威として知られていますがコンサルタントとして活躍するのは赤・白と両刀使いの様子です。

デュブルデュー家のサイトからこのワインの詳細についてはこちらをご覧下さい。要約しますと赤ワイン用の畑は19ヘクタール、葡萄品種はメルローが86%、カベソー8%、プティ・ヴェルド6%という構成でヘクタール当たり5,500本植樹されています。

2009年ヴィンテージのセパージュはメルロー・ノワール88%、カベソー8%にヴェルドー・プティ4%と畑の面積比率とは微妙に異なります。これはプティ・ヴェルドは毎年の収穫が約束されていないことを示すものです。

葡萄は完熟を待って収穫は手摘み、醗酵は25~30℃と比較的低温で25~30日間という長期に及びます。新樽比率1/3で樽熟成12ヶ月。

開けてみましょう。
▼続きを読む
| ワイン日記::フランスワイン |
| 11:50 PM | comments (0) | trackback (x) |


PAGE TOP ↑
Copyright © 2006 ワインと葡萄::2011年10月03日
All Rights Reserved./Skin:oct