ワインと葡萄

ワイン用ブドウラボ、たまにピアノ

麦焼酎 つくし 全麹
ワイン以外は滅多に飲むことはありませんが、たまたま立ち寄ったお店にワインがない場合、或いは置いてあっても好みのものがない場合は焼酎の炭酸割りを飲むようにしています。空堀商店街の外れの鮨屋に行ったとき飲んだのが同じ生産者が造るスタンダード「つくし」。そのプレミアム・タイプは5年熟成の古酒をブレンドしたというこの焼酎です。

以前電話抽選で3本立て続けに当たった「森伊蔵」、とりあえず1本封を切ってみると「?」と云うよりハッキリ申し上げて美味しく感じない芋焼酎、プレミア価格が付く品質とはとても思いませんでした。送料込みの三千円台半ばの価格も不当に高いと判断、ラベルだけでしがみつく「高い物好き」が如何に多いかを知るに至りました。

ネットで騒がれている酒類、特に需要の多いプレミアム焼酎はこの程度の物であることが多いはず。

で、鮨屋で飲んだスタンダード「つくし」ですが非常に香りが良かったので近所の酒屋に問い合わせたところ在庫ゼロとのことで九州で通販しているところを見つけ「同じ買うのなら上物を選んでみよう」と思い、購入しました。人それぞれ好みは違いますが、私は「香り、味そしてコク」3拍子揃った銘酒だと思います。

ストレートでは濃すぎる位に味密度が高く、炭酸で割っても味わいに旨味成分が濃厚でかつ舌に残る重さがありません。また水や炭酸で割っても香りは変わりません。私の場合しつこい甘さや飲んでいて食欲減退に繋がる重い酒は美味しいとは思いません。美味しい物を食べるときはその美味しさを引き立たせる酒が必要だと思うのです。

鹿児島産黒毛和種3番のラムシンにサッと塩胡椒して餅焼き網で炙ります。表面に焼き色が付いたら切り分けて万能葱の小口切りを天盛りしてポン酢を少しふりかけ肉の叩きが完成。麦焼酎の炭酸割りと和牛の叩き、とても良く合います。
| ワイン日記 |
| 11:50 PM | comments (0) | trackback (x) |


PAGE TOP ↑
Copyright © 2006 ワインと葡萄::2011年08月01日
All Rights Reserved./Skin:oct