ワインと葡萄

ワイン用ブドウラボ、たまにピアノ

ワイン大学第315回定例会 ル・ジャルダン
ホテル・プラザ出身の料理人ながらマスコミにあまり取り上げられない遠藤シェフのお店です。

複数の関西食に関する雑誌を見ていると、同じお店を寄って集って評価されています。ライターの力関係を示すのでしょうか? 力を持つとされる誰かが特定の店を褒めると駆け出しのライターはそれに従って別の雑誌でそのお店を高く評価しなければ仕事にありつけなくなるという話をよく耳にします。

人それぞれ好みが違って当然と考えるのですが食を題材にするライター諸氏は似たような趣味の人しか居ないのでしょうか。

ですが雑誌でいくら高く評価したところでネットで叩かれるとお客さんは寄りつかなくなります。もちろんその逆の場合もあるでしょうけど雑誌で悪い評価を載せることは普通あまり考えられません。

さて今夜は10年ぶりにお越しのメンバーさんを交えてのワイン会、定刻7時に西区のフレンチ「ル・ジャルダン」にて開催です。


先ずはアミューズ・ブーシュ「鱧のピカタ、パン・デビス風味のクスクス、フルーツトマトのソース」。
合わせるワインはAC Bordeaux のヴィンテージ2000年の白ワイン、葡萄品種はソーヴィニョン・ブラン100%。


前菜の一皿目は「海の幸と季節野菜のサラダ仕立て」。
春は貝類の美味しい季節です。北寄貝に波貝(通称白ミル貝)、ツブ貝に淡路の蛸と能登の味が加わり刺身盛り合わせみたいな感じです。
合わせるワインはシャンパーニュ・ピエール・ペテルスのキュヴェ・プレスティージュ「Les Chétillons」のヴィンテージ2000年。前半はヴィンテージ2000に拘ってみました。


次は「フォワグラのソテーと焼き野菜、ポルト酒のソース」です。いつものようにこのお店のフォワグラは質が高い! ヤングコーンは好みではありませんがグリーン・アスパラは甘みが濃いし、このソースはお持ち帰りしたい程の美味しさです。

ワインはソミュール・ブランを合わせます。
▼続きを読む
| ワイン大学 |
| 11:55 PM | comments (0) | trackback (x) |


PAGE TOP ↑
Copyright © 2006 ワインと葡萄::2011年05月26日
All Rights Reserved./Skin:oct