ワインと葡萄

ワイン用ブドウラボ、たまにピアノ

Château Lamothe Vincent Sauvignon 2010 AC Bordeaux
シャトー・ラモット・ヴァンサンのソーヴィニョン・ブラン、ヴィンテージは2010年です。生産地はジロンド県のMontignac モンティニャック、コミューン・ドット・コムで場所を確認するとこちら。INAOのサイトからコミューンのアペラシオン検索を使うと

AOC - AOP --Bordeaux
AOC - AOP --Bordeaux superieur
AOC - AOP --Cremant de Bordeaux
AOC - AOP --Entre-deux-Mers

ワイン関係では4つのアペラシオンでワインを生産できるコミューンです。これらの内泡物を除くと辛口白ワインは Bordeaux と Entre-deux-Mers ですね。ではモンティニャックでワインを造る場合、この2つのアペラシオンの違いは何でしょう?

葡萄品種の規定は

Bordeaux: 主要品種 Sauvignon, Sémillon, Sauvignon gris, Muscadelle に補助品種 Colombard, Merlot Blanc, Ugni Blanc
Entre deux Mers: 主要品種 Sauvignon, Sémillon, Muscadelle に補助品種 Colombard, Merlot Blanc, Ugni Blanc, Mauzac

と似たような品種構成。
AOCアントル・ドゥー・メールには残糖分が1リットル当たり4グラム以下との規定がありますがAOCボルドーの白ワインに現在のところそういった数値規制は見掛けません。

従って残糖分が1リットル当たり4グラムを越える可能性の辛口白ワインはボルドーを名乗ってラベル表記する方が無難と云うことなのでしょう。
▼続きを読む
| ワイン日記::フランスワイン |
| 11:50 PM | comments (0) | trackback (x) |


PAGE TOP ↑
Copyright © 2006 ワインと葡萄::2011年05月22日
All Rights Reserved./Skin:oct