ワインと葡萄

ワイン用ブドウラボ、たまにピアノ

Taurasi 2006 Mastroberardino
RADICI」の最後の「I」の右上のトレードマークにご注目下さい。

ワインの名前ではなく単なる商標、無理矢理訳すと「灘の生一本」に例えて「ワインの本流」みたいなニュアンスかも知れません。DOCG タウラージとは全く無関係の言葉であり、畑の名前などと勘違いしないようご注意下さいませ。

マストロベラルディーノ社の「極上シリーズ」に冠される商標であり、「ラディーチ」シリーズは赤・白共に存在します。

ヴィンテージは2006年、比較的若いヴィンテージですが開けてみましょう。

DOCG Taurasi については拙ブログのこちらで書いています。Taurasi タウラージは生産地の名称でありコムーネ(フランス語のコミューンと同一)の名称であります。タウラージを名乗ることの出来るコムーネはこちらの地図の赤丸です。全部で17(Taurasi、 Bonito、 Castelfranci、 Castelvetere sul Calore、 Fontanarosa、 Lapio、 Luogosano、 Mirabella Eclano、 Montefalcione、 Montemarano、 Montemileto、 Paternopoli、 Pietradefusi、 Sant’Angelo all’Esca、 San Mango sul Calore、 Torre le Nocelle 、 Venticano)ありますがお分かり頂けますでしょうか。

主要品種AGLIANICO ですがウィキペディアを見ると発音は「アッリャーニコ」が近いのでしょうか、見慣れない発音記号に戸惑いますが・・・。
| ワイン日記::イタリアワイン |
| 11:50 PM | comments (0) | trackback (x) |


PAGE TOP ↑
Copyright © 2006 ワインと葡萄::2011年05月20日
All Rights Reserved./Skin:oct