ワインと葡萄

ワイン用ブドウラボ、たまにピアノ

5月の直心
はじめにお知らせです。
直心さんの現在の店舗での営業は今月28日までです。29日から6月16日までは引っ越しと新店舗での営業準備期間となりお店はお休みとなります。

日本料理 直心(じきしん)新店舗のご案内
住所:西宮市大井手町7-17 最寄りの駅は阪急夙川(JRさくら夙川からですと徒歩10分程)
国道2号線神楽町交差点から建石筋を北へ、山手幹線を越え阪急神戸線を越え二つ目信号機を西に入ってすぐ左手になります。
オープンは6月17日、電話は 0798-71-5858 (現在の電話番号は 0798-22-2225)

さて本日は全席貸し切りでワインと特別料理を味わいます。
先ずはいつもの先付け4連発。


焼き茄子と由良の生海胆、旨出汁を掛け花穂紫蘇が添えられます。
ちょっと茄子のスモーク香が強すぎて生海胆の繊細な香りが霞んでいました。


次は長崎産の剣先烏賊、いろんな部位を食べることが出来ます。私の好みはミミ^^ 岩塩と酢橘で頂きます。


そして新蓴菜の山葵酢。このプリプリの食感にツーンと利いた山葵が最高です。


鱚の昆布〆に唐墨粉。鱚の旨味が倍増しています^^


お椀は「真魚鰹に若布、青紅葉麩に吸い口は木の芽」、鮮度の良い真魚鰹は地元淡路産。


お造りはいつも2種類登場しますが、一皿目の鯒薄造りはポン酢で頂きます。


次は能登の鳥貝。生臭さなど全く無縁、鮮度抜群の鳥貝のヒモは茗荷で和えてあります。


凌ぎの「蒸し新玉葱」は撮影に失敗、とても甘い淡路産の新玉葱。もう一品は淡路の蛸の土佐酢です。添えられるのは刻み胡瓜、振り柚子が利いています。蛸の火の入れ方、隠し包丁、どれも完璧であります。


▼続きを読む
| 食べ歩き::直心の会 |
| 11:55 PM | comments (0) | trackback (x) |


PAGE TOP ↑
Copyright © 2006 ワインと葡萄::2011年05月19日
All Rights Reserved./Skin:oct