ワインと葡萄

ワイン用ブドウラボ、たまにピアノ

Château de la Dauphine 1980 AC Fronsac Famille de Brem
1980年当時の所有者がブレム家だったのでしょうラベルにはそんな表記になっていますがこのワインについては先日こちらで書きました。

で、生産者の日本語サイトから画面下のメニュー「最新情報」をクリックするとこのシャトーのオーナーがつい先日4月28日の木曜日に事故で亡くなったとのことです。親子2代とも事故死とはお気の毒ですね、謹んでご冥福をお祈り申し上げます。

さてこのシャトー・ド・ラ・ドーフィーヌ、ドルドーニュ河のすぐそばにあるにも拘わらずアペラシオンはフロンサックです。川に近い方がカノン・フロンサックと覚えてしまうと間違いの元、こちらの地図をもう一度ご覧下さい。画像右下の方、川の名称 la Doldogne の「n」の上にある○にカーソルを合わせるとこのシャトーであることがお分かり頂けます。また少し時間が掛かりますが○をクリックして頂くとシャトーの詳細情報が開きます。

AOC :Fronsac/Canon-Fronsac
Terroir :clay and limestone and "molasse du fronsadais"
Superficie :31 ha
Âge moyen du vignoble :33ans
¨Production moyenne :150000
Encepagement :80% Merlot 20% Cabernet Franc
Elevage :oak barrels (1/3 new barrels) 12 months in barrels

昨日のシャトーと比べるとかなり大きな生産者であることが分かります。
またアペラシオンは2つ表記されているのでカノン・フロンサックにも畑を所有しているのでしょう。フロンサックのコミューンにはフロンサックだけしか名乗れない地域がありますし、カノン・フロンサックを名乗ることが出来る部分もあります。
両方の畑を所有している場合、別々に醸造すればそれぞれのアペラシオンを、混ぜればフロンサックとしか名乗れません。
▼続きを読む
| ワイン日記::フランスワイン |
| 11:50 PM | comments (0) | trackback (x) |


PAGE TOP ↑
Copyright © 2006 ワインと葡萄::2011年05月18日
All Rights Reserved./Skin:oct