ワインと葡萄

ワイン用ブドウラボ、たまにピアノ

Château Canon 1990 AC Canon Fronsac Christian Moueix
何度か拙ブログで取り上げたワインです。シャトー・カノン、アペラシオン・カノン・フロンサックにはカノンと名の付くシャトーは沢山ありこのワインもその中の一つで、1990年当時の所有者はかのクリスチャン・ムエックスでありました。ムエックス、ご存知の通りポムロールの大御所であるネゴシアンがこのシャトーを所有していた訳です。

現在はこちらの通りJean Galand 氏の所有となっていますがこちらのサイトを見ると現在でもその販売の85%はムエックスが関わっているらしい。

生産地のサイトから畑は大変小さく概要は次の通りです。コピーさせて頂くと

Terroir :clay and limestone
Superficie :1.35 ha
Âge moyen du vignoble :60ans
Encepagement :100% Merlot
Elevage :18 months in oak barrels

ドルドーニュ河にほど近い南向きの斜面で平均樹齢60年、葡萄品種は100%メルロー・ノワール、18ヶ月の樽熟成。畑の面積は僅か1.35ヘクタールと云うことですからこんなワインが某評論家の目に留まれば恐ろしい価格になってしまうことでしょう。

シャトーの場所はグーグルアースを使い Vignobles Jean Galand et Enfants 4 Malatie, 33126 Fronsac, France と入力して検索すれば一発で現れますが、フロンサックからサン・ミッシェル・ド・フロンサックに向かう国道D670沿いの唯一左側に存在しています。こちらの地図から場所をご確認できます。
| ワイン日記::フランスワイン |
| 11:50 PM | comments (0) | trackback (x) |


PAGE TOP ↑
Copyright © 2006 ワインと葡萄::2011年05月17日
All Rights Reserved./Skin:oct