ワインと葡萄

ワイン用ブドウラボ、たまにピアノ

Côtes du Rhône Vigne du Priuré 2005 Château Gigognan
コート・デュ・ローヌ・ルージュ、生産者はシャトー・ジゴニャンでこのワインには「ヴィーニュ・デュ・プリューレ」という名称が付いています。
生産者のサイトからこのワインの詳細はこちらをご覧下さい。葡萄品種は
Grenache 36%, Carignan 7%, Mourvedre 17% Syrah 28%, Cinsault 12%
平均樹齢は26年、収穫量は40hl/ha、他の年は6万本程の生産量ですがこの年の生産本数は187,000本と非常に多く造られたことが分かります。
品種ごとに醸造され翌年5月にブレンド、セメントタンクにて熟成の後2007年の春に瓶詰めとのことですのでかなり手間暇掛かっているようです。

品種についてですがグルナッシュは正式名称 GARNACHA TINTA ガルナッチャ・ティンタ品種番号4461でスペイン原産の品種、カリニャンは品種番号2098正式名称 CARIGNAN NOIR カリニャン・ノワールでこちらはフランス原産、ムールヴェドルは正式名称モナストレル MONASTRELL でスペイン原産、シラーはフランスで造られた、白品種モンドゥーズ・ブランシュ黒品種デュレーザ交配種、サンソーはフランス原産の正式名称はスペルが微妙に異なりCINSAUT葡萄品種番号2672 というのがVIVCの見解であります。

南部ローヌ最強のサイトからこちら をご覧になると写真のお二人は1996年にこのシャトーを購入して現在に至っていることが判ります。生産者の住所はChemin du Castillon 1180, 84700 Sorgues 、このソルグというコミューンはAOCシャトーヌフ・デュ・パープも含んでいます。こちらをご覧頂けると位置関係がお分かり頂けると思います。
▼続きを読む
| ワイン日記::フランスワイン |
| 11:50 PM | comments (0) | trackback (x) |


PAGE TOP ↑
Copyright © 2006 ワインと葡萄::2011年05月07日
All Rights Reserved./Skin:oct