ワインと葡萄

ワイン用ブドウラボ、たまにピアノ

Riesling Reserva 2009 D.O.Leyda Valley Viña Leyda
チリワイン、最近法律が整備されたのでしょうか原産地名称レイダヴァレーを伴うリースリングのレゼルヴァ、ヴィンテージは2009年。生産者は地域の名称そのままのヴィーニャ・レイダ。

生産者のサイトはこちら、英語とスペイン語版だけですから結構信頼できるところかも知れません。

サイトからその設立は1997年で原産地が法律によって定められたのは21世紀に入ってからの2002年5月とのことです。所有する畑は245ヘクタール、チリでは小規模化も知れませんけどね。
所在地と葡萄畑はこちらをご覧下さい。南北に細長いチリの国土のほぼ真ん中、首都サンチアゴから南西90キロの海岸に近いところです。

このワインはサイトにあるシングル・ヴィンヤードのものではなくレイダ・ヴァレーのリースリング、ここでのレゼルヴァの定義はハッキリ分かりませんが2010年もリリースされているみたいですからそれよりは熟成したものと考えれば良いと思います。
▼続きを読む
| ワイン日記::その他ワイン |
| 11:50 PM | comments (0) | trackback (x) |


PAGE TOP ↑
Copyright © 2006 ワインと葡萄::2011年05月05日
All Rights Reserved./Skin:oct