ワインと葡萄

ワイン用ブドウラボ、たまにピアノ

ワイン大学第314回定例会@ビストロEL GINO
今回はゴールデンウィーク直前の木曜日という日程が原因なのか、あるいはまだ続く自粛ムードなのか1週間前には僅か数人だけという非常事態に。

そこで古株メンバーさん、ワイン業界関係者にもお願いしてやっとの事で二桁の人数に漕ぎ着けました。

ご協力頂いたメンバー様にはこの場を借りて御礼申し上げます。

そんな中、嬉しいことにネットからお申し込み頂き初参加された方がお一人居られました。

ワイン大学はどなたでも参加出来るワインと食事を楽しむ集いです。

会場は毎月替わり京阪神のレストランを転々とします。

ワインはお料理に合わせて大体5種類か6種類お飲み頂けます。

そんなワイン会ですので「試してみよう」と思われる方は→の「お問い合わせ」をクリックしてメールフォームを開いて下さい。

1度参加されたらそれっきりというメンバーは殆ど居られません。

毎月一度、関西一長続きしているワイン会「ワイン大学」をこれからもよろしくお願い申し上げます。

さて久し振りにお願いしたのは京都ホテルオークラの東隣のビル、奥まった階段を上がった2階のフレンチ「ビストロ・エルジノ」さん。

我々のために貸し切りにして頂きました。


まずはアミューズブーシュ「一口フォワグラのキャラメリゼ」。

スプーンの上に盛られたのを一口で頂きます。

フォワグラの香りが心地よいアミューズ、旨い!


前菜は「季節野菜と海の幸のサラダ仕立て、オレンジ風味」。

鶏魚、鳥貝などの魚介類に蕪、クレソン、人参などの春野菜が沢山使われオレンジのエスプーマが香りを華やかにしています。


魚料理は「活けオマール海老のポワレとうすい豌豆のマセドアン」。

オマール海老の火の通し方は絶妙です。

付け合わせの豆もしっかりボリュームがあります。
▼続きを読む
| ワイン大学 |
| 11:55 PM | comments (0) | trackback (x) |

グリル十津川@JR久宝寺
営業時間はお昼だけとのことで、開店早々に行くより閉店間際に伺う方が無難と判断、午後1時少し前に滑り込んだつもりだったのですが、店に入るや否や迷惑そうな態度を取られてしまいました。

「いらっしゃいませ」どころか、「しゃーないな、あれ買うてきて」と女性従業員になにか指図したような・・・。

たまたま常連お二人が入店したばかりだったので私を拒否することが出来なかったのでしょう。

先ずは先客のオーダーを仕上げてからとのこと。

その注文とは何と「焼きうどん」。

ここで気付いたのはどうやら御飯が底をついた模様。

二人前の「焼きうどん」を作り上げたご主人が、常連2人組に「何にしましょか?」と注文を取られます。

そうです、ここではご主人が「ちょっと待って」と云っている間に客は注文をオーダーすることは許されないのです。

で、順番が私の番になりました。

「初めて来たのでお薦めは?」

「なに見て来たの?」

「ネットで」

「あー、インターネットやね^^ それやったらヘレカツにしとき。インターネット見はった人はみな牛ヘレやねん」

「せや! 今日はメチャメチャええロースがあるネン、同じ値段にしたげるからロースにしとき」


と見せられたのがこのお肉。

なるほど霜降りのサーロイン。

中性脂肪過多症の我が身としては敬遠したいところでしたが主人の勧めに従った方が身のためだろうとそれを注文。

と、そのとき常連2人組に向かって「兄ちゃんらちょっと待ってな、初めての人から先にやるわ」と私に優先権を与えられました。

ですが「初めての客は山口百恵かもしれんから」と一言付け加えられ・・・

「これっきり、これっきりもおー・・・・」と鼻歌を歌い出す始末。

「初めてやったら、サービスにコロッケおまけしとくわ!」
▼続きを読む
| 食べ歩き |
| 01:55 PM | comments (0) | trackback (x) |


PAGE TOP ↑
Copyright © 2006 ワインと葡萄::2011年04月28日
All Rights Reserved./Skin:oct