ワインと葡萄

ワイン用ブドウラボ、たまにピアノ

第311回クードポール・ワインを楽しむ会
毎月第1木曜日の午後8時開始というワインと田中シェフのお料理を味わう会ですが、来月5月は連休のためいつもと開催日が異なります。

皆さんのご都合を考慮させて頂き決まった開催日は、13日の金曜日^^ 何事も起こらなければ・・・と祈りつつ。

さて今夜は初参加の方が2名来られました。

ワインを飲み慣れてくるとついつい欲しくなるのは「上位アペラシオン」のワインですね。

グラン・クリュが美味しいと思い込んでいる方々が多いのですが、全てのグラン・クリュが美味しい訳ではありません。

また有名なワイン、小説などによく登場するワインなども皆さん一度は飲んでみたいという気持ちは分かります。

私はそんなワインより「本当に美味しいワイン」を飲んで頂きたいと思うのです。

世間には知られていないワインの中に実は光り輝くものが結構あるのです。

流行を追っても「旨いワイン」に辿り着くことはありません。

ネットで騒がれるワインに騙されてしまった方も結構居られるはずですね。

「騙された」と分かる方はまだ幸せな人かも知れません。


先ずはいつものアミューズ・ブーシュ。

最初は赤ピーマンのムース、トマトのクーリ。

前菜の一皿ではありません。あくまで3つあるアミューズの一つです。


次は蛍烏賊のボイルを温泉卵と共に。

コンソメジュレと浅葱が添えられ、混ぜて食べるのですがちょっと烏賊舟が邪魔になります。


3皿目のアミューズは稚鮎と筍のフリット。

筍はコンソメで煮てから揚げてあるのでとても柔らかい。


ここから前菜の1皿で桜鱒の燻製、サラダ仕立て。

鱒の卵巣、鱒のいくらと云うのでしょうか、やや小さめのいくらが添えられます。

スモークは田中シェフ得意中の得意。

シャンパーニュと大変良く合います。

▼続きを読む
| クードポールワインを楽しむ会 |
| 11:55 PM | comments (1) | trackback (x) |
コメント一覧
ゆりりんこ。 |2011/04/11 02:33 PM |


PAGE TOP ↑
Copyright © 2006 ワインと葡萄::2011年04月07日
All Rights Reserved./Skin:oct