ワインと葡萄

ワイン用ブドウラボ、たまにピアノ

Château Le Pape 2002 AC Pessac-Léognan
シャトー・ル・パープ

パプ・クレマンなら誰もが知っているはずですが、ル・パープなど私は知りませんでした。

グーグル・アースで検索すると意外にも一発でその場所が分かります。

何とラ・ルーヴィエールのすぐ東側。

カルボニューから申し上げると南へ直線距離なら1キロも離れていませんし、スミス・オー・ラフィットは森を隔てて東に存在します。

他にはオー・バイイーもありクリュ・クラッセが軒を連ねる地域に間違いありません。

ちょっと期待出来そうですね^^

生産者のサイトはこちら 現在の生産者は1998年からこのシャトーを所有しているとのこと。

ヴィンテージによって変化はあると思いますがサイトには葡萄品種はメルロー・ノワール80%、カベソー20%との記述があります。

赤ワインのみの醸造でセカンドワインらしきものが「Domaine de Carsin (メルロー・ノワール100%)」、白ワインは全く生産していない模様です。

▼続きを読む
| ワイン日記::フランスワイン |
| 11:50 PM | comments (0) | trackback (x) |


PAGE TOP ↑
Copyright © 2006 ワインと葡萄::2011年04月02日
All Rights Reserved./Skin:oct